スポンサーリンク

結婚式の準備お悩みQ&A!アンケートで多かった花嫁のリアル苦労話を解決!

結婚式の準備って
ほんっっっっとうに大変ですよね!

私は先日
第1回目の打ち合わせがあったんですが…

すでに行き詰って疲れてしまいました(´;ω;`)

ドレスを決めるどころか
どの貸衣裳屋にお願いするのかさえ
決めれなかったし、
招待状の宛名書きを自分でがんばるか
外注するのかさえ保留中です。。。

こんな調子で本当に間に合うのか、
すっごく不安です。

そんな不安と戦う武器はやっぱり、
先輩の本音です!

というわけで、
AWで結婚式準備中の花嫁さんに
アンケートを
取った結果多かった不安を、
Q&A形式でまとめました

  • お金に関する悩み
  • 結婚式までの流れ・準備
  • 結婚式の内容について
  • その他の悩み

について、細かくご紹介します♪

先輩花嫁さんの声を聞けば、
勇気や対策がわいてきます(*^^*)

一緒にがんばって準備して、
すばらしい結婚式にしましょうね♡

スポンサーリンク

お金に関する悩み

結婚式はなにかとお金がかかります。

結局いくら用意すればいいのか、
ちゃっちくならない節約方法など
まずはお金の悩みを解決していきましょう。

結婚式には結局いくら必要なのか?ご祝儀をあてにしていいのか

結婚式にかかる費用の全国平均は、
ずばり約353万円です。

でも全額を新郎新婦が負担するわけではなく、
ご祝儀をあてにしてOKです。

ご祝儀は約3~5万円、
平均招待人数は72人なので、
216万円はご祝儀でまかなえます。

新郎新婦は実質120万円程度の負担を
覚悟しておけば大丈夫です♡

詳しくは、
結婚式にかかるお金のすべて!金額の相場をパターン別で紹介【まとめ】
をご覧ください☆

お金に余裕がなくて不安!結婚式の節約方法を知りたい

結婚式の費用を節約するには
5つのポイントがあります!

  1. 日取りや直近割引を使う
  2. 初期見積もりやオプションをよく確認する
  3. できる限り手作りする
  4. 外注業者を上手に使う
  5. お色直しの代わりに前撮りする

この5つを工夫すれば、
挙式費用を節約することができますよ。

詳しくは、
【貯金なし】結婚式の費用が足りない!支払い金額を抑える5つのテクとは?
をご覧ください☆

親族のみ少人数の結婚式の費用がわからない

親族のみの少人数の結婚式なら
大体100万円迄におさまる場合がほとんど。

基本的な考え方として
【1人2万円×人数分】

そこにプラス、
ドレスや写真などを足した金額
結婚式費用の総額となります。
(30~40万円くらい)

詳しくは、
【30人以下】少人数での結婚式の流れや費用は?余興は必要?
をご覧ください☆

リゾートウェディングの費用がわからない

リゾートといってもいろいろあり、
場所によって費用は大きく違います。

目安としては、

  • 国内→200万円
  • 海外→180~250万円

という感じです。

内訳など詳しくは、
結婚式の費用!憧れのハワイや沖縄での金額相場はどれくらい?
をご覧ください☆

結婚式以外にも、結婚に関するお金がいくら必要なのか不安

結婚式以外にも、

  • 新居の費用
  • 引越し費用
  • 顔合わせや結納など親族に関する費用

など、結婚には色々お金がかかります。

結婚式以外に使えるお金は、
新郎新婦それぞれ50万円程度
合わせて100万円ほど用意しておきましょう。

ただ、これは結納金や支度金という形で
両親が助けてくれる場合も多いようです。

「ちょっと足りないかも…」
というときは、素直に相談してみましょう。

結婚式までの流れ・準備

結婚式までたどり着くのって、
結構大変ですよね…(~_~)

次は、
結婚式までどんな流れで進めていけばいいのか
について解決していきましょう!

プロポーズから結婚生活までのスケジュールがわからない

プロポーズをした/されたという
一大イベントが終わったら、
あとはもうイベントの連続です(‘◇’)ゞ

  1. 新郎の両親に結婚の挨拶に行く
  2. 新婦の両親に結婚の挨拶に行く
  3. 婚約指輪探し
  4. 式場探し
  5. 両家の紹介
  6. 顔合わせや結納の儀
  7. 式や入籍の日取りを決める
  8. 結婚生活スタート

ざっくりまとめただけでも、
これだけこなさなくてはいけません。

でもどれも大切なことですから、
焦らず丁寧にがんばっていきましょう。

それぞれのイベントについて詳しくは、
婚約から結婚式までのすべての流れ!スケジュール例を徹底解説
をご覧ください☆

式場探しを何から始めればいいのかわからない

式場探しもねぇ、、結構大変です。

そもそもどこに結婚式場があるのかを
調べるところからのスタートですしね…。

ハナユメを使って希望の条件にあう式場を
一括検索するのがおすすめです。

少人数OKやエリア別など
いろんな条件で一度に調べられるので、
楽チンですよ♪

ハナユメ公式サイトはこちら

結婚式に関して自分の希望ややりたい事がわからない

結婚式の日取りが決まってからというもの、
「どんな結婚式にしたいの?」
「余興とかどうするの?」
っていろんな人によく聞かれます。

でも…私はいつも答えられません。。
だって私、
結婚式に特に憧れてこなかった女なんです(´;ω;`)

私のような女性や新郎は、

  • 人の結婚式の動画を見る
  • 人の結婚式準備のブログを読む

のがおすすめです。

そうすればおのずと、
やりたいことや結婚式のイメージ
湧いてくると思います♪

結婚式について相談できる人がいない

結婚式について相談できる人が
身近にいない場合は、
ハナユメの相談デスクがおすすめです。

相談デスクは全国各地にあり利用は無料なので、
ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

ハナユメ公式サイトはこちら

彼が協力してくれない不満などのもめ事が心配

結婚式の準備でよく聞くのが
「新郎が『なんでもいいよ』しか言わない」
「新郎はなにもしてくれない」
という新婦のグチです。

新郎の言い分は
「だってクロスの色とかわかんないもん!」
だそうですが、
新婦一人で全部決めるのは大変です。

彼が協力してくれないときは
素直に全部を一人でやるのは辛いと話し
協力を仰ぎましょう。

これから一生力を合わせて生きていくのです。

穏やかに話し合えば、一緒に結婚式の準備を
進めていけると思いますよ(*^^*)

結婚式の内容について

結婚式の会場や日取りが決まっても
いまいちイメージがわかないのが、
結婚式の内容”ですよね。

私も現在進行形で悩んでます…。

ヘアメイクやドレスなどがなかなか決めきれない

まだ決めれてない私が言うのもあれですけど、

  • やっぱりプロに聞く
  • 女性に見てもらう

のが一番だと思います。

私にはどんなドレスが似合うと思いますか?
と衣裳屋さんに聞いてみましょう。

「Aラインがいいと思います!」
「カラードレスは明るい色にしましょう!」
とか教えてくれます(*^^*)

その中から一番しっくりくるものを選べば、
間違いないハズです!

男性はたいてい「いいね♡」しか言わないので、
母親や女友達に意見を求めるのが◎です。

ムービーを自分で作りたいけれどやり方がわからない

ムービーを手作りすれば節約できます。

作り方はこちらで詳しくご紹介しているので、
ぜひ参考になさってください(*’ω’*)
披露宴のムービーを格安で制作する3つの方法とは?

ただ…ムービー作るのって結構難しいですし、
ムービーを作るソフトも必要です。

手間やソフト代を考えると、
ANOTHER PROMOTIONにお願いする方が
安い&プロのクオリティーで
上手な節約になると思います。

ANOTHER PROMOTION公式サイト

少人数での結婚式の情報が少なくてさっぱりわからない

最近は少人数の家族婚がはやってますが、
まだまだ情報が少ないですよね。

少人数の式で必要なものなどは、
【30人以下】少人数での結婚式の流れや費用は?余興は必要?
が参考になります。ぜひご覧ください☆

また、「家族婚 ブログ」などで検索すると
実体験ブログが見つかりますよ♪

ブライダルエステの費用が高い、通う時間がない、本当に必要?

エステは式の2~3か月前から
月に2・3回通えば効果絶大と言われています。

ドレスはデコルテや背中が露出しますし、
一生に一度のことです!

なんとか時間とお金を作って
行くことをおすすめします。

その他の悩み

その他にも、結婚式には悩みがつきものです。

細々した不安も解消していきましょう。

会社の上司を招待したり祝辞をお願いするタイミングが知りたい

会社の上司には、
結婚式の日時や場所が決まったら
すぐに

直接挨拶に行きましょう。

 

祝辞などをお願いしたいときには、
そのときに打診しておくのがベストです。

手作りアイテムを作りたいけれど何を作るか悩む

手作りアイテムを活用すれば
アットホーム感もあがりますし、
費用の節約にもなります。

手作りの定番のは、

  • リングピロー
  • ウェルカムボード
  • 招待状
  • 席次表
  • メニュー表
  • 席表

の6つです。

リングピローやウェルカムボードは
手作りキットも色々発売されているので、
手芸店などをのぞいてみてくださいね。

ペーパーアイテムは
パソコンとプリンターがあれば
誰でも簡単に作れますよ♪

相手が海外や遠方で、結婚式の場所や打ち合わせのやり方がわからない

結婚相手が海外の場合は、
相手方の両親とも相談して
まずは結婚式をどこで挙げるかを決めましょう。

打ち合わせや準備は、
結婚式場に近い方ががんばるしかありません。

1人で打ち合わせに行き、
電話やメールで密に連絡をとって
相手の希望や意見を確認しましょう。

出産後の式、二回目の式など事情があって、ゲストの反応が不安

出産後の挙式だったり
再婚後の挙式だったりする場合は、
ゲストの反応が不安ですよね。

「ご祝儀払うの2回目なんだけどぉ」
とか言う人がいるのも、残念ながら事実です。

でもほとんどの人は
そんなことちっとも思ってませんよ(*^^*)

出産後だろうが2回目だろうが、
あなたの幸せを祝福する気持ちでいっぱいです。

自信を持ってください!

両親への手紙をうまく書けない

結婚式のTHE定番!といえば
涙、涙の花嫁の手紙ですよね。

「なかなか書けな~~い!!」
という方は、
次のような構成で考えてみてください。

書き出し

  • 親への呼びかけの言葉
  • 現在の心境
    (感謝の気持ち、緊張している など)
  • エピソードへ続く前フリ

展開

  • 両親との思い出やエピソード
  • 今の素直な気持ち など

結び

  • 感謝の言葉
  • 新生活への決意
  • 新郎の家族に向けての言葉
  • しめくくりの言葉

花嫁の手紙の例文!結婚式で両親を感動させるポイントとは?
もとっても参考になりますよ。

私もこれから手紙を書くのですが、
上手く書こうとか感動させようとか
思うのはやめました。

素直な感謝の気持ちを込めて、
自分らしく書こうと思っています(*^^*)

まとめ

いかがでしたか?

結婚式の準備で
多くの花嫁が不安を感じることについて、
いろいろお話ししましたが…

少しでも不安は解消できたでしょうか?

最後にざっとまとめておきますね(*^^*)

  • 結婚式には結局いくら必要?
    ご祝儀をあてにしていいの?
    →自己負担約120万円。ご祝儀はあてにしてOK
  • 結婚式の節約方法を知りたい
    →5つの工夫で節約可能
  • 親族のみ少人数の結婚式の費用がわからない
    →だいたい100万円
  • リゾートウェディングの費用がわからない
    →場所によるけど200万円前後
  • 結婚式以外にも、結婚に関するお金が
    いくら必要なのか不安
    →100万円程度あると安心
  • プロポーズから結婚生活までの
    スケジュールがわからない
    →両親に挨拶・指輪と式場探し・
    両家の紹介・顔合わせや結納の儀・
    式や入籍の日取りを決める・
    結婚生活スタート
  • 式場探しを何から始めればいいのかわからない
    →ハナユメに相談
  • 結婚式に関して
    自分の希望ややりたい事がわからない
    →人の結婚式の動画を見よう
  • 結婚式について相談できる人がいない
    →ハナユメに相談
  • 彼が協力してくれない不満などのもめ事が心配
    →素直に話し合おう
  • ヘアメイクやドレスなどがなかなか決めきれない
    →プロに聞こう
  • ムービーを自分で作りたいけれど
    やり方がわからない
    →プロに頼むのが結局おすすめ
  • 少人数での結婚式の情報が少なくて
    さっぱりわからない
    【30人以下】少人数での結婚式の流れや費用は?余興は必要?
  • ブライダルエステは本当に必要?
    →行った方が断然いい
  • 会社の上司を招待したり
    祝辞をお願いするタイミングが知りたい
    →結婚式の日取りが決まったらすぐに
  • 手作りアイテムを作りたいけれど何を作るか悩む
    →リングピローなどが定番
  • 相手が海外や遠方
    →まずは式場を決めて、近い方ががんばる
  • 事情があって、ゲストの反応が不安
    →大丈夫。自信もって!
  • 両親への手紙をうまく書けない
    →おすすめの構成を参考に、素直な気持ちを

いろいろ不安が多い結婚式ですが、
幸せな悩みでもあります。

できるだけ楽しんでくださいね(*^^*)

すばらしい結婚式になりますように。


\ LINE@始めました /
友だち追加
友達登録してね^^
アンケートQ&A
【この記事を書いた人】
木村麻衣

関西のホテルウェディングでチーフプランナーとして3年間勤務。

式場見学に来られたお客様へのご案内やプランの提案、契約までの営業をメインに、
結婚式の準備から当日までをお手伝いするプランナー業務、ブライダルフェアの企画や実行の担当、雑誌やウェブなど多方面への広告に関する業務など、様々な角度から幅広くブライダルに携わる。

自身の結婚式で新婦の気持ちを実際に経験し、お客さんの本音での悩みや不安を目の当たりにしたことから、結婚式は「不安で心配で、大変なもの」ではなく、「感動的で幸せな人生で最高のイベント」ということを伝えるために現在はライター兼編集部として活躍中。

木村麻衣をフォローする
▼無料メルマガの登録はこちら▼
結婚式の専門サイト『ANOTHER WEDDING』
    タイトルとURLをコピーしました