スポンサーリンク

結婚式の引き出物の金額相場!夫婦・上司・親戚は?

結婚式の準備には色々ありますが、
その中でも大切なものが「引き出物選び」です。

引き出物はゲストの方に直接関わる部分ですし、
喜んでもらえるものが良いな・・・

と考えると色々と迷うものです。

しかも引き出物ってビックリするくらい数があるのです!!
結婚式場からもらったパンフレットだけでもすごい数に・・・

今回はそんな引き出物についてご紹介します。

気になる相場からマナーまで、
引き出物を選ぶ上で抑えておきたいポイントはコレ!

引き出物でマナー知らずだなんて思われないようにしましょう。

スポンサーリンク

引き出物の金額相場は?

f274f0968b1ebf8edc1fed46fb4fc744_s

引き出物と言っても中身は引出物+引菓子が一般的です。

金額の相場はご祝儀の10分の1が目安です。
例えば、3万円のご祝儀であれば3000円程度が目安・・・
ということになります。

ただ、引菓子が1000円前後だとして
引出物が2000円前後はほとんどありません。

引出物で10分の1程度の金額を目安にすると良いでしょう。

とは言え、この人がいくら包むかなんて正直わかりませんよね。
ですので、引き出物を用意するときは
相手の立場を考えた上で用意するのが無難です。
 

●会社の上司、先輩

親しい会社の上司や先輩の場合中には5万円のご祝儀を包む人もいます。
ですので、目安としては5000円程度の引出物を用意します。

●会社の同僚、友人

会社の同僚や友人の場合は、3000円程度の引出物が一般的です。

●親族

親族の場合も相手との関係にもよりますが、
だいたい1万円前後の引出物を用意する人が多いでしょう。

親族の場合は、先にご祝儀を頂ける場合もありますので
値段を見てから考えても問題ありません!
 

 

●夫婦

夫婦の場合は、5万円のご祝儀が基本的な金額なので、
目安としては5000円程度の引出物を用意します。

家族や親族への引き出物

b43ad52a18fa3767f747067400953b74_s

先程親族について少し触れましたが、身内にも引き出物っているの?
と思う人も結構います。

引き出物はあくまでご祝儀に対してのお返しですので、
基本的にはお渡しするもの
です。

ただ、家族に関してだけは渡さないこともあります。
両親や未婚の兄弟に対しては絶対に渡さなければいけない!
というわけではないので、相談してみても良いでしょう。

こちらに両親の引き出物は
どうするのか書かれています。

⇒家族婚の引き出物!両親の場合は?

ぜひ、参考にしてくださいね。

持ち込みをする場合のポイント

a1640_000110

引き出物を用意する方法としては、
2つのパターンがあります。

  • 結婚式場で注文する
  • 自分たちで注文する

自分たちで用意する場合には
注意点が3つあります!

  • 個数(1世帯に1つ)
  • 熨斗の名前
  • 日程や届け先

万が一のための予備を用意したり、
日程に余裕を持って届けるようにしましょう!

そういった点に気をつければ、
引出物の持ち込みは意外とオススメ

なぜかというと‥

結婚式に何回か行っているゲストは
『またこれか‥』なんて思うほど
式場の引出物ってマンネリ化しています。

実はここ5年近く
式場の引出物のラインナップには
大きな変化がないのですT^T

せっかくなら贈って嬉しい、
もらって嬉しいものを渡したいですよね。

ちなみに私のおすすめはこちら。
結婚内祝・引出物等のギフトの専門店
antina(アンティナ)
です。

雑誌やテレビでも紹介される有名店で

カタログギフト200点以上
ギフト商品4,000点以上の品揃え。

特筆すべきはDEAN&DELUCA
イルムス・dancyu・アクタスなどの
ブランドカタログがあること!

  • 実用性&センスの良さの両方が揃ったギフト
  • 会社上司に喜ばれるギフトも充実
  • のし、メッセージカードが無料
  • 丁寧でセンスの良いギフト包装
  • お急ぎの場合の当日出荷もOK!
  • クレジット払い可能。

ゲストが『これは嬉しい♪』と思う
厳選されたギフトがたくさんあって
内祝いの準備にも使えます。

きっともらった方の
心を掴むギフトが見つかるはず♪
ぜひ見てみてくださいね!

>>antinaの商品を確認する

 

熨斗は内熨斗がおすすめ

uchinoshi-image

http://www.hakusan-shop.com/gift_wrapping_service.html

基本的に引き出物には熨斗をつけます。

この熨斗にも「外熨斗」「内熨斗」の2パターンあります。
どう違うのかというと、熨斗が包装紙の外にあるのか内にあるのかという違いです。

見栄え的には外側にある方が良いのですが、
実は外側の熨斗は破れやすいのです!

ですので、内熨斗にした方がその心配はありません。  

引出物のパターンは3種類程度に

7275489d1802d4cab5fe4b48eae4fb9f_s

引出物は渡す人によって中身を変えることができます。

とは言え、一人一人違うものにするのはNGです。
多くても3パターン位にしておきましょう。

というのも一人一人に分けると間違いが起きやすくなりますし、
引出物の中身が人によって大きさが違ったりすとかえって失礼になります。

ですので、上司・友人・親族の3パターンや
男性・女性の2パターン程度がおすすめ。

こちらに引き出物の個数は
奇数か偶数どちらがいいか紹介しています。

⇒結婚式の引き出物!数は奇数?偶数どっち? 

チェックしておきましょう♫

地域によってもマナーは異なる

pexels-photo-medium

実は引き出物のマナーは地域によっても異なるのをご存知でしょうか?

例えば、東海エリアの場合は通常の引出物2品に加えて
「名披露目」という品物が1品追加になります。

このように地域のマナーを知っておくことも大切です。
出来ればお互いの両親にしっかりとその地域のマナーを聞いておきましょう!  

引き出物は相手に喜んでもらいたいと思えば思うほど、迷うものです。
特にパンフレットも見出すと楽しくなっちゃうので、
早めに検討してくださいね^^

こちらにカタログ以外のおすすめ商品を
紹介しています。

⇒引き出物のブランド食器!カタログ以外のおすすめといえば?

カタログギフトだと、選ぶのが面倒という
デメリットもあるので
チェックしてみてくださいね。

式場探しに疲れた方必見!

いざ結婚式場を探そうと
雑誌を買って調べ始めたけど、

・式場が多すぎて選ぶ基準がわからない
・仕事が忙しくゆっくり探す余裕がない
・見積り額が高く貯金が足らなくなりそう

などの悩みはありませんか?
そんなあなたには無料で式場探しができる
ハナユメがおすすめ
です。

ハナユメが人気の理由は、

・WEBの画像がインスタ風で見やすい
・式場の見積り額がWEBでチェックできる
・相談デスクの満足度オリコンNo.1
・前撮り・フォトなどプランが豊富
・リゾート・海外も対応

またハナユメは、
大幅な割引が魅力の『ハナユメ割』があるので、

予算・貯金が少なくても希望の式場を選べます♪

※今なら当サイトからの無料申込で、
商品券55,000円が貰えるキャンペーン実施中♪

【当サイト特別企画!】
商品券55,000円キャンペーン♪
《豪華特典アリ♪期間限定》

↑↑商品券55,000円プレゼント↑↑
ハナユメに希望の式場がない!

ハナユメのキャンペーンは魅力的だけど、

・近くにハナユメ相談デスクがない
・希望の式場が見つからなかった

そんなあなたには、日本最大の
提携式場数を誇るゼクシィがオススメ!

ハナユメの提携式場が約600に対し、
ゼクシィは約2500もあるので、

自分の理想の式場が見つかること間違いなし!

今ならゼクシィでも4万円分の商品券が
貰えるキャンペーンがあるので、
希望の式場がハナユメで見つからなければ
ゼクシィをチェックしてみて下さいね♪

結果発表!相談カウンターランキング2019
ハナユメ
ハナユメキャンペーン

【2月10日まで】ハナユメで55,000円が貰える限定キャンペーン実施中!

ゼクシィ
ゼクシィキャンペーン

【1月23日まで】ゼクシィで4万円が貰えるキャンペーン実施中

結婚スタイルマガジン
結婚スタイル ご祝儀

ご祝儀20万円が貰えるキャンペーン実施中♪

スマ婚
スマ婚ディズニーキャンペーン

【1月31日まで】スマ婚でディズニーチケットが貰えるキャンペーン実施中

引き出物・祝儀返し
この記事のライターさん
長谷川 恵子

ビジュアルデザインの専門学校卒業後、人を幸せにする仕事に就きたいとウェディングプランナーの道に。スマ婚に約7年在籍し、300組以上の結婚式、2次会を担当。

新郎新婦に寄り添ったプランニングを心がけて結婚式の営業、企画プランナーから、新人研修、法人営業などを経験。
出産を機に退職後も結婚してよかったと思う時間を作りたいと思い、家族向けイベントなどを企画、運営する。

現在はプランナーの経験を活かしてブライダル系ライターを担当。プランナー時代に数多くのムービーを見た経験を活かし、ムービー制作も担当。他にも自身の経験を活かして、結婚式で使用するムービー制作を主に担当。

一生の宝物になるムービーを作りたいという思いを大切に、新郎新婦から余興者まで親身な対応をしている。

長谷川 恵子をフォローする
結婚式の専門サイト『ANOTHER WEDDING』
▼無料メルマガの登録はこちら▼
 
    タイトルとURLをコピーしました