20.8.8 姉妹サイト『ホワイトニングの教科書』をリリースしました♫
スポンサーリンク

ウェディングドレスのオーダー!値段は意外と安い!?

ハナユメキャンペーン

『プロポーズされたら・・・♡』
という結婚情報誌のCMが最近よく流れていますね。

きっと本屋さんでその雑誌を手に取る瞬間は
女性の人生の中でも特別な1シーンだと思います(*^_^*)

 

そして 結婚式場を探し、無事に契約をして、
花嫁さんにとって最も重要かつテンションがあがるのは
ウェデイングドレス選びではないでしょうか?

「プロポーズされたとき」
「結婚情報誌を手にしたとき」
「理想のチャペルを見つけたとき」

・・・それと同じくらいドキドキ、キラキラできるのが
「ウェディングドレスを選ぶとき」だと私は思います。

 

今回は
『憧れのウェディングドレス、
妥協は一切せずにとことんこだわりたい!』
という花嫁さんの贅沢な望みを叶えてくれる、
オーダーメイドのウェディングドレスについてのお話です♪

 

スポンサーリンク

レンタルとオーダー 価格相場を徹底比較

hand-tie-dress-wedding-large

一言にオーダードレスと言っても、種類は様々。

そもそもオーダーも含め、ドレス選びには
どのような選択肢があるのでしょうか?

そして相場の価格はどれくらいなのでしょうか?

ドレス選びの選択肢と価格相場をご紹介します!

 

レンタル

契約した式場や、式場提携のドレスショップでレンタルする方法。

この方法が一番、それなりに良いクオリティのドレス
リーズナブルに着る事が出来る方法です。

式場提携外のドレスショップでレンタルし、持込むことも。

これは本当に式場によってピンキリの価格設定です。

結婚式の基本料金内や数万円で着られるドレスもありますが、
一番多い層は1着20万円前後だそうです。

 

既製品の購入

ドレスショップなどでドレスを購入し、式場に持込む方法。

インターネットオークションや海外のDIYウエディングサイトなどで
リーズナブルに品質の良いものを入手できる場合もあります。

 これも本当に価格は様々。

品質を選ばなければ3~4万円のドレスもありますが、
どうしてもチープになってしまいます。

海外サイトなんかでは2~3万円のオシャレなドレスもあったりしますが、
購入するには少し勇気がいるかも…?

 

セミオーダー

いくつかの決まったデザインのドレスの中から好みを選び、
自分のサイズに合わせて作ってもらうドレスのこと。

デザインや素材などについては、プチアレンジOKな場合も多く、
フルオーダーよりもリーズナブルです。

有名ブランドで20万円代後半~60万円程度
小さな手作りアトリエなどでは10万円前後と
レンタル価格に近い値段で作れることも。

 

フルオーダー(オーダーメイド)

いちからデザイナーさんがデザインする、
いわゆるオートクチュールのこと。

サイズはもちろん、素材や装飾などの細部に至るまで、
全てが自分仕様だから、世界で1着だけのウェディングドレスが手に入ります。

有名ブランドでは50万円~100万円以上するブランドもあり、
小さな手作りアトリエなどでも20~35万円程度はかかります。

 

【注意】

式場や式場提携のドレスショップ以外の持込みの場合、
ほとんどの場合「持込み料」が発生します。

ドレス単体の価格を比較してレンタルよりも安くても、
持込み料をプラスすると予算オーバーという事もありますので
事前に式場に持込み料を確認しておきましょう。

 

 

例えば有名人ブログでもおなじみのあのドレスは?

img_subcont_dress1

http://lala-mariee.com/dress

とは言え本当にピンキリなのがウェディングドレスの世界。

そんな世界の中で、“最高峰”と呼ばれるブランドはご存知ですか?

 

もちろん様々なブランドがありますが
日本の中ではやはり『桂由美』ブランドのドレスではないでしょうか。

芸能人の結婚式で着用されることも多く、
市川海老蔵・小林麻央夫妻、石田純一・東尾理子夫妻、
東貴博・安めぐみ夫妻も桂由美のドレスを着用されていました。

 

そして、もちろんお値段も超一流

でも意外と手が届くお値段のものもあったりしますので、
少しだけその世界を覗いてみましょう。

 

レンタルの場合は、
一番シンプルなデザインのもので最低20万円くらいから
それなりにゴージャスなものは35~40万円以上。

既製品販売で最低30万円以上、
セミオーダーでは45~60万円くらい、
フルオーダーならなんと最低100万円から!

・・・というお値段の目安だそうです。

 

ちなみに鎧塚俊彦・川島なお美夫妻のオーダードレスは
なんと250万円!!

一般ピープルにはなかなか手が出せないお値段ですが、
超一流の世界って本当に素敵ですね♪.*

こちらに神田うのさんのウェディングドレスの
値段もまとめてます。

▼神田うののウェディングドレスの値段は?

 値段はどれくらいかかるのか
ぜひ、チェックしてみてくださいね。

 

実際どうなの?口コミ情報

pexels-photo-large

オーダードレスについて色々知ったところで
あとは気になるのは口コミですよね。

今回はお手頃価格にクローズアップして、
口コミで話題のオーダードレスのショップを少しご紹介します。

各サイトで、ぜひチェックしてみてくださいね^^♪

 

【THE SURREY】

THE SURREYへ移動する

【Siesta】

Siestaへ移動する

【vivela mariee(ヴィーヴ・ラ・マリエ!)】

ヴィーヴ・ラ・マリエへ移動する

【atelier ange(アトリエアン)】

アトリエアンへ移動する

【landybridal(ランディブラ)】

ランディブライダルへ移動する

【atelier nae(アトリエナエ)】

アトリエナエへ移動する

 

関西で人気のオーダードレスショップは?

最後に関西で人気のオーダードレスショップもご紹介。

一生に一度の憧れのウェディングドレス。

ショップにも足を運んで、
後悔のないように吟味して運命のドレスを手に入れてくださいね♪

 

■大阪

【てく・まりんぼ】

http://marinbo.jp/

皇室衣装スタッフ出身デザイナーによる
大阪府枚方市のウェディングドレスオーダー専門店。

他レンタルドレス・ウェディング小物が充実。

 

【Couturiere Sinsei】

http://couturiere-sinsei.com/

一生心に残る洋服、ウエディングドレスがコンセプトの大阪のショップ。

持ち運びやすい海外挙式用のドレスにも対応。

 

【INVENTION】

http://www.invention-ladies.com/

大阪市西区のウェディングドレス、オーダーメイドショップ。

他カクテルドレス、ワンピース、スカート、スーツ、パンツなど洋服にも対応。

生地の持ち込み大歓迎。

 

【NOVLEAF】

http://www.novleaf.jp/

大阪市西区京町堀にあるオーダーメイドウェディングドレス専門のアトリエ。

オーダーセルはもちろん、オーダーレンタルでの制作もあり。

 

■兵庫

【アトリエミュウ】

http://www.ateliermieux.com/

神戸市北野町のウエディングドレスのオーダーメイド、
ブライダル小物のオーダー販売のアトリエショップ。

  

【Sesay Bridal Wear】

http://www.sesay.jp/

神戸のオーダーメイドウェディングドレス・ブライダルウェア
及びアクセサリ専門のアトリエ。

  

■京都

【VERONA(ヴェローナ)】

http://www.sposa-verona.com/order.html

オーダーメイド・貸衣装専門の京都のショップ。

メンズ、マタニティにも対応。

 

【Bright-Lights(ブライトライツ)】

http://condition-ok.com/

京都府宇治市のショップ。

フルオーダードレスの他オーダーレンタルドレス・
リメイクドレス・リフォームドレスも。

ドレスをチェックしたら
次はドレスに合わせて
髪型や髪飾りを考えないといけないですね。

こちらの記事に詳しくまとめてました。

▼花嫁の髪型は前髪で勝負!和装・洋装でも可愛く決まるポイント!

▼花嫁の髪飾りは生花が人気!和装・ドレスに合うスタイル10選

女性にとっては髪型や飾りも
結婚式の準備において
重要なポイントですよね。

記事を参考にしてくださいね。

結婚式場が多すぎて選べない...という方は必見!

式場探しの最初の一歩は、
結婚式相談所を選ぶことからはじまります。
でもサービスが多すぎて違いがわからない・・・

・どんな結婚式に特化してるの?
・店舗数や掲載式場はどこ?
・高額特典や大幅割引があるのは?

など、ブライダルカウンター選びの
気になるポイントを徹底的に調査した
総合ランキングを発表します♬

一番人気のおすすめカウンターは・・・?

3.結婚式の準備
この記事のライターさん
木村麻衣

関西のホテルウェディングでチーフプランナーとして3年間勤務。

式場見学に来られたお客様へのご案内やプランの提案、契約までの営業をメインに、
結婚式の準備から当日までをお手伝いするプランナー業務、ブライダルフェアの企画や実行の担当、雑誌やウェブなど多方面への広告に関する業務など、様々な角度から幅広くブライダルに携わる。

自身の結婚式で新婦の気持ちを実際に経験し、お客さんの本音での悩みや不安を目の当たりにしたことから、結婚式は「不安で心配で、大変なもの」ではなく、「感動的で幸せな人生で最高のイベント」ということを伝えるために現在はライター兼編集部として活躍中。

木村麻衣をフォローする
新着記事を受け取ろう♪

結婚式の専門サイト『ANOTHER WEDDING』
    タイトルとURLをコピーしました