スポンサーリンク

結婚式の受付!頼む人は誰にするのが良い?

結婚式の準備の中では
ゲストに頼まなけばいけない
”お役目”がたくさんあります。

そのうちの一つが受付担当
ご祝儀を集めたり

席次表を渡したり
お車代の管理をしたり…

結婚式の中でも
責任重大なお仕事です。

「受付って誰に頼むのが適当なのかな?」
「そもそもどうやって頼むと失礼じゃないの?」

そんなお悩みに一からお答えしていきますよ!

スポンサーリンク

結婚式の受付を依頼するなら誰に?

それではまず依頼する人を決めましょう。

ここでのポイントは
「頼みやすい人にお願いする」
この一点に注意すればOKです。

友人や会社の人も招待する披露宴”ならば、
会社同期や後輩学生時代の友人幼馴染などの
年齢が同じもしくは年下が適当です。

”親族のみの会食”ならば、
兄弟歳の近い従兄弟にお願いするのが
良いでしょう。

間違っても会社の上司などの
目上の方にお願いをしてはいけませんよ!

受付を依頼するにはどんな方法がある?

girl-926225_960_720

受付を依頼するときは
どんなに仲の良い友人であっても
直接会ってお話もしくは電話やメールなどで
連絡を取ってお願いをしましょう!

ちなみに招待状の中に
「当日受付をお願いします」
という内容の付箋を入れて
お願いすることも可能ではありますが、
突然の大役に受け取った友人は
びっくりしちゃうはず!笑

そのため招待状が届く前に
事前にお伝えをしておくのが
より丁寧です♪

出来れば直接会って
お願いが出来ると良いですね!
頼まれた人もきっと
張り切ってくれるはずです。

受付してくれた人へのお礼プレゼントが良い?

introduce04

受付をしてくれた友人には
新郎新婦からお礼をお渡しすると
良いでしょう。

もちろん現金を包んでお渡しするのも○。
金額は3000円~5000円くらいが
妥当かと思います。

ですが親しい友人ほど遠慮されてしまい
受け取ってもらえなかったーという声も。

そこで気心の知れた友人には
お礼のプレゼントを渡すのがベスト!
中身は受け取ってもらいやすく
かつ喜んでもらえるものが
良いですね!

それではここでウェディングプランナー調べ、
2016年最新の人気プレゼントを見てみましょう!

スタバカード

QFront-Shibuya-04

誰もがもらって困ることなく
持ち帰りもしやすい
スタバのカード

好きな金額を指定出来ますし
季節の限定デザインも出ているので
特に女性の友人人気です!

春の結婚式なら桜のデザインのカード
を渡してみましょう。
気軽に結婚式の思い出を振り返って
もらえるかも♪

有名ブランド小物

gift-264166_960_720

自分では買わないけれど
もらったら嬉しい有名ブランドの小物
女性ならハンカチ化粧品
男性なら靴下などがおススメ!

普段使いをしてもらえると
プレゼントした側も
嬉しいですね♪

お取り寄せスイーツ

cake-946061_960_720

男女ともに受け取りやすく
喜んでもらいやすいのが
スイーツなどの食べ物です!

新郎新婦にゆかりのある地の
お取り寄せスイーツなら
喜んでもらえること間違いなし!

ただし持ち帰りのことを考えて
要冷蔵のものは避けましょう。

まとめ

結婚式の中でも
大切なお役目である
受付のお仕事。

新郎新婦の友人代表
言われることも多く、
頼まれた側は
着るものや身につけるものにも
気を使い準備をしてくれることが
多いように思います。

そのため
頼む側も頼まれる側

「頼んで良かった」
「頼まれて良かった」
と思えるよう、
丁寧な依頼から
お礼のプレゼントの用意まで

しっかり準備をしていきましょうね♪

結婚式のその後も
新郎新婦と受付をしてくれた友人との絆が
より深くなることを願って♪

結婚式場が多すぎて選べない...という方は必見!

式場探しの最初の一歩は、
結婚式相談所を選ぶことからはじまります。
でもサービスが多すぎて違いがわからない・・・

・どんな結婚式に特化してるの?
・店舗数や掲載式場はどこ?
・高額特典や大幅割引があるのは?

など、ブライダルカウンター選びの
気になるポイントを徹底的に調査した
総合ランキングを発表します♬

一番人気のおすすめカウンターは・・・?

受付
この記事のライターさん
長谷川 恵子

ビジュアルデザインの専門学校卒業後、人を幸せにする仕事に就きたいとウェディングプランナーの道に。スマ婚に約7年在籍し、300組以上の結婚式、2次会を担当。

新郎新婦に寄り添ったプランニングを心がけて結婚式の営業、企画プランナーから、新人研修、法人営業などを経験。
出産を機に退職後も結婚してよかったと思う時間を作りたいと思い、家族向けイベントなどを企画、運営する。

現在はプランナーの経験を活かしてブライダル系ライターを担当。プランナー時代に数多くのムービーを見た経験を活かし、ムービー制作も担当。他にも自身の経験を活かして、結婚式で使用するムービー制作を主に担当。

一生の宝物になるムービーを作りたいという思いを大切に、新郎新婦から余興者まで親身な対応をしている。

長谷川 恵子をフォローする
新着記事を受け取ろう♪

結婚式の専門サイト『ANOTHER WEDDING』

コメント・質問はこちらから♪

    タイトルとURLをコピーしました