1. TOP
  2. 結婚式の祝儀の金額は?気になるお返しマナー徹底解説!

結婚式の祝儀の金額は?気になるお返しマナー徹底解説!

 2016/04/26 結婚式 準備
  18,231 Views
3c381da0e6a963667474402e7167142d_s

結婚式を挙げる時に必ず関わってくるのが
「御祝儀」「お返し」について。

こういった冠婚葬祭のお金関係のやり取りで
その人のマナーや金銭感覚・相手との今後の距離感も
決まってしまいます。

 

せっかくの気持ちで頂いたお祝いに対して、
良かれと思いとったお礼の行動が
間違ったマナーであれば相手に不快な思いをさせてしまったり、
最悪の場合は今後のお付き合いに影響する事も・・・

逆にその行動によって評価や信頼が上がれば
今後ますます良好なお付き合いをしていく事も可能です。

 

結婚はあなたひとりだけではなく、
夫婦ふたりがひとつの「家族」という単位になること。

今まであなたひとりとのお付き合いだった相手と、
夫婦ふたりでのお付き合いが始まるスタートラインです。

夫婦として気持ち良いスタートを切れるように、
しっかりマナーや知識を身につけましょう♪.*

Sponsored Links

 

 お祝い&お返しの金額相場

80bc4d848ccfe253d60170d8c330851a_m

結婚に関して頂ける可能性のある
お祝いのお金と言っても種類は様々。

その中でも大きくわけて3パターン
お祝いとお返しマナーをご紹介します!

原則的にはどのような場合でも
半額のお返し=「半返し」をするように心掛けましょう。

まずは一番気になるのが
結婚式で頂く御祝儀についてですよね。

 

結婚式に対する『御祝儀』

まず大前提として、結婚式の費用
「両家親からの資金援助」+「当日頂く御祝儀」+「自己資金」
という3本柱で成り立っているケースが大多数です。

ここでは「当日頂く御祝儀」の考え方について
詳しくご紹介します。

結婚式(披露宴)を開催する場合は受付などで
「御祝儀」としてお祝い金を受け取る場合がほとんどです。

ある調査での御祝儀平均額はこのようになっています。

  • 親族関係…5.8万円
  • 上司…4.0万円
  • 恩師…3.7万円
  • 友人・同僚…3.0万円

参加者の大多数は友人・同僚であることや、
親族関係は一名参加ではなく
家族単位での参加である場合が多い事などを踏まえて、
御祝儀の平均額は参加人数×3万円~3.3万円くらいが
平均と言われています。

 

この「御祝儀」という形のお祝いに対するお返しは
結婚式で完結させる場合がほとんどです。

考え方としては、
参加一名に対して必ずかかる項目は
「料理代」+「ドリンク代」+「引出物代」で、
それぞれ12,000円+3,000円+5,000円くらいの平均で
合計約2万円くらいのお返しが出来るという計算になります。

 

頂いた3万円に対して2万円のお返しでは
よく言われる「半返し」よりも多い額にはなりますが、
わざわざ結婚式の日程を空けて、足を運び、
衣裳を用意したり、女性であればヘアメイクを準備したり・・・
と、結婚式に参加するだけでも一苦労。

それでも「あなたをお祝いしたい」という気持ちで
出席してもらえるという事への感謝を忘れないようにしましょう。

 

また、元々3万円以上の御祝儀を頂ける事が
わかっている場合は引出物の金額を引き上げて、
お返し額を底上げする方法もあります。

逆に当日御祝儀を頂いてみて
予想よりも多い金額を頂いてしまった場合は
差額を計算して半額程度になるような
品物などを後日お渡しするのがマナーです。

Sponsored Links

 

1.5次会などのカジュアルなウェディングパーティの『会費』

上で説明したような御祝儀制の結婚披露宴とは違い、
1.5次会のようなカジュアルなパーティの場合は
「会費」を集めるケースもあります。

この場合は「新郎新婦へのお祝い金」ではなく、
「パーティへの参加費用」として金額を提示されます。

 

このような会費制パーティには様々な考え方がありますが、
新郎新婦がこのようなスタイルを選ぶ場合は
「参加者への金銭的負担を減らしたいから」
という理由であるケースが多いようです。

なので、新郎新婦からは必要費用の提示をされ、
その金額を参加費用として支払う事で
特別なお返しなどはなくこの場合の会費は完結します。

 

もし会費とは別でお祝いのお金を頂いた場合は、
その金額の半額程度の目安で品物を選びお返ししましょう。

また、会費以外でお祝いのプレゼントをもらったら、
金額が多いものであれば半額程度のお返し、
少しのものやわざわざするお礼が仰々しいようであれば
新婚旅行のお土産を奮発したり、
相手の結婚や出産の際にプレゼントするのも◎

 

結婚式には関係なく頂く『結婚祝い』

結婚式(披露宴)への参加の有無に関わらず
「結婚祝い」の名目で金銭や品物を頂いた場合は、
「内祝い」という形でお返しをするのがマナーです。

頂いた金額または品物金額の半分相当額の品物
をお返ししましょう。

結婚式の開催を検討している場合は、
お祝いを頂いてから最低でも結婚式の一週間前までには
内祝いを済ませるのが基本です。

 

また、地域(主に関西)によっては「おため」という
金額の一割程度を内祝いよりも先に包み返す習慣があります。

このような地域の風習は親戚関係への失礼の無いように、
ぜひ一度親御様に確認してみましょう^^

 

Sponsored Links

 

 親からの資金援助

親御様からはふたりの新生活への資金援助とお祝いを兼ねて、
金銭を贈られるケースが多いです。

これは親御様の考え方やその家の収入・経済状況によって
大きく変わる前提ではありますが、
平均では各家100万円という額が目安になっています。

このお祝いに対するお返しだけは
一般の「半返し」ルールからは例外です。

 

高額なお祝いに対してのそのまま半額のお返しは
「あなたからのお祝いは受け取りたくない」
という意思表示になる可能性もあります。

「親子なのにお返しなんて水臭い」と
言ってくれるような親御様なのであれば
甘えてありがたくそのまま受け取ったり、
ギフト券や二人の名入れのものや写真、
新婚旅行のお土産を奮発するなどで
感謝の気持ちを伝えましょう。

 

ところで2万円の御祝儀ってどうなの・・・?

a0001_017605

結婚式の友人・同僚の御祝儀といえば定番は3万円ですが
たまにいます、「2万円」を包む方。

「3万円が常識だと思ってそれなりのおもてなしをしているのに?」
「私はその程度の付き合いだと思われているのか・・・」など、
正直ちょっとモヤモヤしてしまう額ですよね(~_~;)

Sponsored Links

 

実は地域によっては「普通は2万円」という地域もありますし、
とても若い方の場合は3万円の負担が大きすぎる場合もあります。

また、御祝儀2万円+別途プレゼントを用意している という場合も。

なので一概には言えませんが、
御祝儀が2万円だったからと言って落ち込んだり
友情を疑ったりする必要はありません。

 

かつて偶数は「割り切れる」という事でタブーとされていましたが、
今は2という数字に関しては、“夫婦””ペア”“二重の喜び”
などといった解釈をされる場合も増えています。

また、上にも書いていますが
わざわざ結婚式の日程を空けて、ドレスアップして会場に足を運び、
「あなたをお祝いしにきてくれた」という気持ちで
出席してもらえるという事は金額以上にありがたい事ではないでしょうか♡

 

マナーを知って気持ち良い関係を

pexels-photo-medium

いかがでしたか?

お祝いを頂いた場合のお返しマナー
頂くシチュエーションや相手との関係によって
お返しの仕方も様々です。

良かれと思ってした事が裏目に出ないように、
基本のルールやマナーをしっかりと知った上で
“頂く→返す”のコミュニケーションをとって
夫婦としてのお付き合いを円滑にスタートさせましょう(*^_^*)♪

Sponsored Links

式場案内

式場探しに疲れた人必見!

憧れの結婚式をするために、式場探しに意気込んだまではよかったけど、

・自力で式場を探す時間と労力がない。。
・式場によってプランが違うので、自分の理想に合うプランを探すのが大変。。
・式場との直接交渉がうまくできるか不安。。

などの悩みはありませんか?

そんなあなたには完全無料で利用できるハナユメ(すぐ婚navi)がオススメです。

豊富な写真で探しやすく、割引プランも多いので、

・シンプル・ナチュラル・かわいいなどイメージで結婚式場を直感的に探せる!
・ハナユメは提携式場様より紹介料を頂いているから、すべて無料でご利用できる!
・ハナユメ定額ウエディングなら、料金は後払いでOKだから自己負担ゼロ!

ハナユメ割も適用すれば、
半年以内の挙式限定50%オフや平日や仏滅で大きな割引サービスがあるので、
安心してお任せできます


ハナユメ(すぐ婚navi)で理想の結婚式場を探す♪



\ あなたの声がサイトをもっと便利に!/

\ SNSでシェアしよう! /

ANOTHER WEDDINGの注目記事を受け取ろう

3c381da0e6a963667474402e7167142d_s

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ANOTHER WEDDINGの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

木村麻衣

木村麻衣

関西のホテルでウェディングプランナーとして勤務し、
結婚・妊娠を機に退職。
現在は専業主婦となり、子育て奮闘中の一児の母。

自身の結婚式も控えており、
元プランナー&現花嫁&新米ママ&主婦目線での
リアルなお役立ち情報を発信します♪.*