スポンサーリンク

結婚式の受付のお礼の相場はどれくらい?いつだれが渡せばいいの?

ハナユメキャンペーン

結婚式の直前になり
そういえば受付の友人に何かお礼するの?』
と焦ってしまう人はとても多いもの。

二人の大切な結婚式で受付という責任ある仕事を
新郎新婦の代わりにしてくれるのです。

お礼を用意するのがマナーだと思って
忘れないように準備しましょう。

今回は受付の人へのお礼について
渡し方や相場の金額から渡すタイミングまで
丸ごとわかるように紹介していきますね。

スポンサーリンク

受付のお礼にお金を渡す場合はいくらぐらいが目安?

受付のお礼にお金を渡す場合は
3000~5000円が相場です。

一番多いのは3000円です。

現金は生々しいからと
商品券を用意する人もいますが
その場合も同じくらいの金額です。

少なすぎず多すぎず
ほどよい金額を用意してください。

受付をしてくれた友人へお礼を渡すタイミングはいつ?

お礼は事前に渡すべき?
それとも後日改めて渡すべき?

結婚式当日のイメージができないと
渡すタイミングにも悩んでしまいますよね。

これは当日渡すのが一般的です。

受付が開始してしまうと忙しくなるので
受付開始前もしくは受付終了後の落ち着いた時に
お礼をするのが良いです。

可能であれば
『今日はよろしくお願いします』
ということで受付開始前に渡せると一番良いタイミングですね。

ただ結婚式当日は皆バタバタするので
臨機応変に考えてその日中に渡せれば・・と
忘れずにしておけば大丈夫です。

受付のお礼は誰から渡すのが一番ベストなの?

当日は誰がお礼を渡せば良いのでしょうか。

新郎から渡す

一番ベストなのは当日新郎からお礼を渡すことです。

新婦はお化粧してドレスを着てしまうので
ちょっと難しいですね。

でも新郎は新婦の支度中
案外時間に余裕があるんです。

その時に受付の人を呼ぶか受付の場所まで行って
直接渡すようにしましょう。

両親から渡す

新郎新婦は渡せない場合もあるので
両親に託しておくと安心です。

両親は早めに来て着付けなどをします。

それが終わると時間ができるので
受付の人が来たら
挨拶をしてお礼を渡してもらいましょう。

受付のお礼を渡すときの袋はどんなものを選べばいい?

受付のお礼をいれる袋は
どんなものを用意したら良いのでしょうか。

例えば3000円のお礼をするのに
ご祝儀を入れるような立派な袋に入れると
開けた時に金額が少なく見えてしまいます。

中身と袋が合っていませんね。

お礼の3000円程度であれば
ポチ袋が一般的です

綺麗なお札を三つ折りして入れましょう。

ご祝儀袋が売られているコーナーに
ありがとうと書いた
専用ポチ袋なんかも売っています。

このような袋を活用するのも良いですね。

お礼として入れる金額が袋に負けないようなものを
選んで用意してください。

お礼を渡すときの表書きの書き方をご紹介!

ポチ袋を用意した時に
中身を入れて渡せば良いだけではありません。

きちんと表書きを書いてください。

まずは上部真ん中に『御礼』と記します。

その下に両家の名前を入れましょう。

基本的には右に新郎家
左に新婦家の苗字を書きます。

どちらの友人でも
それぞれの名前を忘れずに書きましょう

間違ってもボールペンで書かず
筆ペンできちんと書いてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これまでの流れをまとめると

  • 相場は3000~5000円
  • 新郎様から当日渡すのがベスト
  • お礼はポチ袋に入れて渡すのが一般的

しっかりポイントを抑えて、
せっかくお手伝いしてくれた方に
失礼のないようにしましょう!

それに何と言っても
感謝の気持ちを忘れないことは大切です。

気の知れた仲良い友人だからこそ
きちんとマナーを守ったお礼を用意して
今後のより良いお付き合いをしてくださいね。

結婚式場が多すぎて選べない...という方は必見!

式場探しの最初の一歩は、
結婚式相談所を選ぶことからはじまります。
でもサービスが多すぎて違いがわからない・・・

・どんな結婚式に特化してるの?
・店舗数や掲載式場はどこ?
・高額特典や大幅割引があるのは?

など、ブライダルカウンター選びの
気になるポイントを徹底的に調査した
総合ランキングを発表します♬

一番人気のおすすめカウンターは・・・?

3.結婚式の準備
この記事のライターさん
ANOTHER WEDDING 編集部

結婚にまつわる情報をプロの目線で幅広くお届けするキュレーションメディア・ANOTHER WEDDINGの編集部。

取り扱うジャンルは、結婚式・結婚準備の関連情報を始め、婚約指輪・結婚指輪、ウェディングムービー、ブライダルエステや結婚式に向けての脱毛まで多岐にわたる。

ライターは、元ウェディングプランナー・ジュエリーコーディネーター資格者・エステティシャン経験者・元美容クリニック勤務者・ムービークリエイターなど様々なジャンルのプロが在籍する。

結婚式を控える花嫁様に役立つ情報を、常に最新かつ正確な内容でお伝えできるよう日々発信中。

ANOTHER WEDDING 編集部をフォローする
新着記事を受け取ろう♪

結婚式の専門サイト『ANOTHER WEDDING』
    タイトルとURLをコピーしました