メンズWEBマガジン『イケメンライフ』がリニューアルオープン♫

ハナユメキャンペーン

リゾート婚の招待状の書き方を文例で紹介!送らないのは失礼?

ご婚約おめでとうございます♡

結婚式はリゾート婚にされるんでしょうか?
今から楽しみですね♪

リゾート婚と言えば、
開放感のあるおしゃれな雰囲気の中で、
新郎新婦も、そしてゲストも、
思いっきり楽しめる式になると思います。

私も、親友がリゾート婚で、式に出席しました。
とにかく綺麗な景色と友人のウエディング姿に
ホレボレしたのを覚えています。

さて。
結婚式の準備は順調でしょうか?

リゾート婚の人の中には、”招待状”の書き方が
イマイチわからない。っていう人もいるのでは?

しかも、近しい人だけしか呼ばないし
招待状はいらないんじゃない?
なんて意見もあると思います。

そんなリゾート婚のお悩みを解消すべく
ここでは・・・

  • 招待状の書き方
  • リゾート婚の招待状は必要?
  • 招待状を送るタイミング

についてご紹介していこうと思います♪
ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

リゾート婚の招待状!書き方の文例テンプレートを紹介

最近、海外などのリゾート地
結婚式を挙げるカップルが増えていますね。

リゾート婚という事で、招待状の書き方
内容に迷っている人も多いのでは??

ここでは、リゾート婚の招待状の
文例をご紹介しますね!

《招待状文例》

拝啓 初春の候(季節の挨拶言葉)
皆様におかれましては 益々 ご精祥のことと
お慶び申し上げます

さてこの度私たちは 〇月〇日に
沖縄の△△にて結婚式を挙げる運びとなりました
つきましては 挙式ののち ささやかながら
披露宴を催したいと存じます
ご多用の中 遠方からのお越しで誠に恐縮で
ございますが ぜひ出席を賜りたく
ご案内申し上げます

敬具

日時 〇月〇日(〇曜日)午後〇時
挙式 △△教会(住所)
披露宴 ☐☐☐(住所)

〇月〇日吉日

新郎の名前 新婦の名前

 

そもそもリゾート婚で招待状は正式に必要?送らないのは失礼?

リゾート婚の場合、
普通のホテルなどの結婚式とは違い、
招待するゲストも、近しい人だけという人も
多いと思います。

それなら、招待状をわざわざ送らなくても
電話やメールでは駄目なの??
とお考えの方もいるのでは??

招待状を送らなくていいのは、
自分たちの家族だけです。

いつどこでという情報は、やはりしっかりと
伝えるべきですし、地図も同封したいですね。

どんなに仲の良い友人でも、
必ず送るようにしましょう。

リゾート婚の招待状・案内状を送る時期はいつがベスト?

リゾート婚は、ゲストの人のスケジュール
早めに抑える必要があるため、
早めに送るべきというのはわかるけど
いつ送るのがベストか調べてみました。

できれば、挙式4ヶ月前~2ヶ月前までには
発送しましょう。

発送前に、電話で、招待したい旨を
伝えておくと、ゲストの人も仕事などの
スケジュールを調整しやすいと思いますよ。

 

こちらの記事も人気です。

⇒リゾート婚の費用相場は?旅費から内容まで必要な項目を解説!

⇒リゾート婚では引き出物なしが普通?渡す場合の金額相場とは?

式場探しに疲れた方必見!

いざ結婚式場を探そうと
雑誌を買って調べ始めたけど、

・式場が多すぎて選ぶ基準がわからない
・仕事が忙しくゆっくり探す余裕がない
・見積り額が高く貯金が足らなくなりそう

などの悩みはありませんか?
そんなあなたには無料で式場探しができる
ハナユメがおすすめ
です。

ハナユメが人気の理由は、

・WEBの画像がインスタ風で見やすい
・式場の見積り額がWEBでチェックできる
・相談デスクの満足度オリコンNo.1
・前撮り・フォトなどプランが豊富
・リゾート・海外も対応

またハナユメは、
大幅な割引が魅力の『ハナユメ割』があるので、

予算・貯金が少なくても希望の式場を選べます♪

※今なら当サイトからの無料申込で、
商品券31,000円が貰えるキャンペーン実施中♪
※関東・関西・東海・九州にある式場を予約した場合

結婚式場が多すぎて選べない...という方は必見!

式場探しの最初の一歩は、
結婚式相談所を選ぶことからはじまります。
でもサービスが多すぎて違いがわからない・・・

・どんな結婚式に特化してるの?
・店舗数や掲載式場はどこ?
・高額特典や大幅割引があるのは?

など、ブライダルカウンター選びの
気になるポイントを徹底的に調査した
総合ランキングを発表します♬

一番人気のおすすめカウンターは・・・?

スポンサーリンク

結婚式の種類
長谷川 恵子

学生時代に人を幸せにする仕事に就きたいと思うようになり、ウェディングプランナーの道に。
スマ婚に約7年在籍し、300組以上の結婚式、2次会を担当。

一生に一度の大切な時間を最高に幸せな思い出にしたいという思いで、プランナーを務めた後に出産を機に退職。
現在はその経験を活かし、もう一度結婚式のときのような幸せな時間を作るというコンセプトで家族向けイベントを企画、運営しています。

こちらでは結婚式の魅力を伝えるためのライティングから、結婚式で使用するムービー制作を担当。
不安なことがないように新味に接し、記念に残るムービーを作ることを心掛けています!

長谷川 恵子をフォローする
新着記事を受け取ろう♪

結婚式の専門サイト『ANOTHER WEDDING』
    タイトルとURLをコピーしました