スポンサーリンク

結婚式の受付で芳名帳は必要?ゲストカードとどちらがおすすめ?

結婚式の受付には
必ずと言っていいほど、
芳名帳が置いてありますよね。

みんな顔も名前もわかっているし、
大人数のお式だと
何冊も必要になるし、

実際は必要なの?
自分の結婚式の時に
疑問に思いました。

あと、ゲストカード
用意されている場合もあるけれど
芳名帳とどう違うのかな。
とも思っていました。

芳名帳とゲストカード
実際に迷う人も多いのでは?

でも、どちらか用意するなら
記念になるように
何か自分らしくしたいですよね。

そんな、芳名帳と
ゲストカードについて
まとめたいと思います!!

スポンサーリンク

結婚式の受付で芳名帳は必要?なしだと変?

受付で記入してもらう
芳名帳が必要なのか・・・
用意しないと変なのかな・・・

私もそう思っていました。

でも、結果的に
芳名帳を置いて
私は良かったと思っています。

結婚式でのハプニングで、
席札の誤字
代理の方が出席することは
意外と多いんです。

私の結婚式も
親戚の方が1人
当日の体調不良で、
代理の方が
ご出席くださいました。

当日、せめて席表だけでもと
式場の方に
手伝って頂いたんですが、
芳名帳があったので
すぐに私の耳に入った事で
迅速に対応できました

かといって、
芳名帳は必ず必要か?
というと、
必ず必要ではないし、
無いことが、
ではありません。

けれども、あると便利
ということですね。

あることで、
ゲストの方に失礼をなくせるなら、
用意しておいても損は無い

と思いますよ!!

大人数の結婚式だと受付で芳名帳は何冊もいるって本当?

大人数のゲストを
ご招待する場合、
芳名帳は
何冊か用意しておくことを
お勧めします。

なぜか・・・

まず、必ず全員に
受付を通って頂くので
受付開始から披露宴までの
限られた時間で
受付して頂くことになります。

芳名帳1冊だと、
せっかく来て頂いた
ゲストの方に、来て早々、
行列に並んでもらう
という事になってしまいます。

ですので、
数冊用意しておき、
1度に数人の人
受付出来るようにすると、
ゲストの方も
受付をしてくれる人も、
負担が少なくて済みます。

大人数の結婚式の方は、
必ず数冊の芳名帳を
用意して置いてくださいね。

芳名帳の書き方とは?何が書いてある?

芳名帳を
実際に結婚式で
書いたことのある人も
多くいらっしゃると思いますが、
何が書いてあって
どう書くのか
まとめていきます。

まず、芳名帳は
必ず本人が記入するようにします。
代筆はNGです。

自分の字が汚いから・・・
と、人に頼みたくなる人も
いるかもしれませんが、
お祝いの席ですから、
新郎新婦の気持ちに
答える意味でも、
自筆で記入します。

こちらで、書き方を
詳しく解説してくれています。

いかがでしたか?
マナーを知れば、
当日、心に余裕ができますね。
そして、記入の際は、
丁寧な字
で、
簡略せずに記入しましょう。

そもそも芳名帳は何のためのもの?

まず、なぜ受付に
芳名長が置いてあるのか。

席札のお名前
合っているか。
代理の人
出席していないか。
住所や、結婚などで
名前の変更がないか

受付を通って頂くだけでは
わからないことが
芳名帳に
記入して頂くことで
わかるんです。

そして、招待した人が
全員出席してくださっているか
すぐに確認することもできます。

そのために
芳名帳が置いてあるんですね。

そしてもし、
代理の方
出席になった場合も
芳名帳があることで、
席札など、
早急に変更することができる
と思います。

芳名帳とゲストカード、どちらがおすすめ?

自分の結婚式では、
芳名帳とゲストカード
どちらがいいの・・・??

迷う方も多いのでは?

お式に合うのはどちらか、
どちらを選んだほうがいいのか。

それぞれの
特徴
まとめていきます。

芳名帳とゲストカードは何が違うの?

芳名帳とゲストカード,
それぞれの
特徴を
考えてみましょう。

・芳名帳・
親族のみのお式など
少人数のゲストの方には
芳名帳がお勧めです。

昔からのスタイルですし、
ご年配のゲストが多いお式は、
芳名帳の方が、
受付がスムーズかもしれませんね。

パソコンがあれば
簡単に手作りできるので、
予算的にも
低コストですみます。

しかし、
後ろの人が待つ場所では
記入を焦る人
多いかもしれませんね。

・ゲストカード・
芳名帳と違い、
前もって記入したもの
持ってきてもらえます。

受付で時間もかからず、
メールアドレス
お祝いのメッセージ
記入してもらうことも
できますので
大人数のお式の人に
特にお勧めです。

しかし、
年配の方は、
慣れていない人が多いので、
【こちらにご記入の上、
当日、受付でお渡しくださいませ】
とカードに添えておくと
忘れたり、無記入だったりを
避けることができます。

自分のお式に合った方を
選択して、
スムーズな受付
行えるといいですね。

芳名帳やゲストカードは手作りが人気!その方法とは?

芳名帳やゲストカードを
手作りすると、
自分が知りたい情報や
メッセージなどを
好きに作れますよね。

好きなデザインや、
好きな内容で作れるのは、
面白いしおしゃれですね!

手作りは難しそう・・・

大丈夫です!

簡単な手作りの方法
紹介していきます!

芳名帳・準備するもの

・プリントする用紙
・用紙のサイズに合うファイル
(リング式が1番簡単です)
または、リボン

デザインは、
パソコンで
自分で作っても良いですし、
シンプルから
キュートなデザインまで
無料のテンプレート
紹介されている
サイトもあります。

好きな素材を選んで
ダウンロードして、
変更したいところや
追加したい事を
入力したら、
そのままプリントすれば
大丈夫です。

プリントする紙
少し高級感のある
質のよいものを使うと
見栄えも良いと思いますよ!

それをファイルにはさんだり、
アナを開けてリボンを通したら
完成です!!

50033_1

出典:https://www.microsoft.com/

ゲストカード・準備するもの

・厚紙

無料のデザイン
ダウンロードして
印刷、カットして完成です!!

howto
出典 free-guestcard.com/

いかがでしたか??

これなら、時間もかからず
簡単にできますね。

ぜひ試してみてください。

まとめ

芳名帳もゲストカードも
ゲストの方に記入してもらう
大切なものです。

準備するなら、
自分のお式の
スタイルに合わせて、
快く記入してもらえるよう
そして、自分たちらしい
デザインの物をぜひ、
準備してくださいね!!

これから、結婚式のアイテムを
手作りされる方も多いです。

⇒リングピローを手作り!100均で簡単に!

⇒ウェルカムボードの手作り!100均で作る裏ワザとは?

よく手作りされるアイテムの
作り方を紹介しています。

ぜひ、チェックして
挑戦してみてくださいね。

式場探しに疲れた方必見!

いざ結婚式場を探そうと
雑誌を買って調べ始めたけど、

・式場が多すぎて選ぶ基準がわからない
・仕事が忙しくゆっくり探す余裕がない
・見積り額が高く貯金が足らなくなりそう

などの悩みはありませんか?
そんなあなたには無料で式場探しができる
ハナユメがおすすめ
です。

ハナユメが人気の理由は、

・WEBの画像がインスタ風で見やすい
・式場の見積り額がWEBでチェックできる
・相談デスクの満足度オリコンNo.1
・前撮り・フォトなどプランが豊富
・リゾート・海外も対応

またハナユメは、
大幅な割引が魅力の『ハナユメ割』があるので、

予算・貯金が少なくても希望の式場を選べます♪

※今なら当サイトからの無料申込で、
商品券50,000円が貰えるキャンペーン実施中♪


【当サイト特別企画!】
商品券50,000円キャンペーン♪
《豪華特典アリ♪期間限定》

↑↑商品券50,000円プレゼント↑↑

ハナユメに希望の式場がない!

ハナユメのキャンペーンは魅力的だけど、

・近くにハナユメ相談デスクがない
・希望の式場が見つからなかった

そんなあなたには、日本最大の
提携式場数を誇るゼクシィがオススメ!

ハナユメの提携式場が約600に対し、
ゼクシィは約2500もあるので、

自分の理想の式場が見つかること間違いなし!

今ならゼクシィでも4万円分の商品券が
貰えるキャンペーンがあるので、
希望の式場がハナユメで見つからなければ
ゼクシィをチェックしてみて下さいね♪

結果発表!相談カウンターランキング2019
ハナユメ
ハナユメキャンペーン

【12月16日まで】ハナユメで50,000円が貰える限定キャンペーン実施中!

ゼクシィ
ゼクシィキャンペーン

【11月22日まで】ゼクシィで4万円が貰えるキャンペーン実施中

スマ婚
スマ婚ディズニーキャンペーン

【11月30日まで】スマ婚でディズニーチケットが貰えるキャンペーン実施中

マイナビウエディング
マイナビウエディング

【12月5日まで】マイナビウエディングで6万円が貰えるキャンペーン実施中


\ LINE@始めました /
友だち追加
友達登録してね^^
受付
【この記事を書いた人】
sho-to

大学卒業後ウェディングプランナーとして勤務。
その後大学で得た、知識を使いたいと考え、
社会福祉士として転職。

結婚・妊娠を機に退社。
現在はイヤイヤ期真っ最中のわがまま娘の
ママとして毎日奮闘中!!

sho-toをフォローする
▼無料メルマガの登録はこちら▼
結婚式の専門サイト『ANOTHER WEDDING』
    タイトルとURLをコピーしました