結婚式の二次会の費用!新郎新婦が自己負担する内訳とは?

結婚式の二次会、楽しいですよね♡

挙式&披露宴の緊張が解けて、
友達とリラックスした時間を過ごせます。

ただ……
気になるのは”費用”です。。

二次会は会費制が一般的ですが、
実際は新郎新婦が
自分で負担すべき費用もあります。

新居の準備や結婚式代などで
結構使った後ですから、
実際の自己負担額を知っておきたいところ(>_<)

そこで今回は、

  • 新郎新婦が自己負担する額とは?
  • 二次会の会費に含まれる金額は?
  • 幹事を立てるのと幹事代行業者に依頼するのと、
    どっちがお得なの?
  • 結婚式の二次会の費用を抑える方法とは?

について徹底調査してみました(‘◇’)ゞ

おすすめの代行業者もご紹介しますし、
二次会にお悩みの方はぜひ!
この記事を読んでみてください♪

結婚式の二次会の費用!新郎新婦が自己負担する額とは?

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_s

結婚式の二次会では、

  • 会場飲食代
  • 打ち合わせ代
  • 備品と予備費
  • 幹事の会費
  • 幹事へのお礼
  • 景品代
  • 新郎新婦の衣裳代

がかかります。

  • 幹事の会費
  • 幹事へのお礼
  • 新郎新婦の衣裳代

はもともと新郎新婦が負担しましょう。

その他の出費は、基本的には
会費でまかなえない部分は
新郎新婦の負担
になります。

景品代は誰が払うの?

景品代は、

  • 新郎新婦が負担する場合
  • 会費でまかなう場合

のどちらもあります。

予算に応じて、
話し合って決めましょう

1~5位くらいの豪華な景品代は
新郎新婦が負担して、
その他の景品は会費から出す
という方法もあります。

たとえばこの動画のように
10位以下をおもしろ景品にすれば、
盛り上がり&節約を両立できます!!

最初はwiiとか豪華だったのに、
10位以下が面白すぎますよね(笑)

当日欠席者が出た!キャンセル料は?

当日は意外とドタキャン客がでます。

特にインフルエンザなどの流行期には
直前の欠席者が増えるそうです(>_<)

欠席者のキャンセル料は
会費でまかないましょう

予算が足りない場合は
新郎新婦が負担する場合もあります。

幹事の会費は新郎新婦が払う?

幹事の会費は新郎新婦が負担しましょう。

幹事にはお世話をかけますし、
ほとんど飲食する時間もないですから(>_<)

会場の貸切代やスクリーンなどの設備費は?

会場の代金や設備費は
会費から出させてもらいましょう

そのための会費ですからね♪

ただもちろん!
予算オーバーした場合は
新郎新婦の負担になります。

そもそも結婚式の二次会の会費に含まれる金額は?

594e018abcfb3f4e0bb227e6a1d11f25_s

そもそも、二次会の会費って
なにが含まれているのでしょうか?

お話した通り場合によって違いますが、
だいたいは

  • 飲食代
  • 会場代
  • 設備など演出代
  • 景品代

です。

ただ、正直なところ
このすべてを会費で賄うのはムリ
なことが多いです(>_<)

会費で費用は賄える?それとも赤字?

会費ですべてが収まるようにするには、
かなりの節約が必要です。

お料理をケチったり、
お酒のグレードを落としたり、
景品を5位までにしたり…

などをしなくてはいけません(‘Д’)

これ、できればしたくないですよね…。

二次会を開催するのなら、
多少の赤字は覚悟しましょう

幹事を立てるのと幹事代行業者に依頼どっちがお得なの?

8755a86b9e067acb3590829a30e07802_s

幹事の会費や幹事へのお礼など、
友人に幹事を頼むと
気も使うし費用もかかります。

それに予算や時間を大幅にオーバーして
追加負担が必要になる場合も多いです。。

友人は幹事のプロではないので、
仕方ありません(>_<)

でも、幹事代行業者に依頼すれば
そうした心配はなくなります♪

幹事代行業者のサービス料金は
友人に頼んだ場合とほぼ同じなので、
予想外の出費のリスクが減る分、
お得だと思います(*^^*)

幹事を頼みたいと思えるほどの大切な友人に、
幹事という大きな負担を
かけなくてすみますますしね♪

おすすめなのが2次会本舗です。

2次会本舗は、

  • 会場飲食代
  • 代行料

の2名目清算なのでわかりやすいですし、
約40万円という
友人に頼んだ場合と同等の予算で
プロのサービスを受けることができます♪

友人に負担をかけることもありません。

⇒2次会本舗の公式サイトで詳細を確認する

首都圏内なら
無料出張見積もりをしてくれるので、
検討の価値ありですヨ!

結婚式の二次会の費用を抑える方法とは?

8a8320b3e63e28fa78a52562639c0cbb_s

先ほども少しお話ししましたが、
二次会の費用を節約したいなら

  • 幹事代行業者に依頼する
  • 飲食のグレードを下げる
  • 景品の数を減らす
  • 立食形式にする

といった工夫が必要です。

その分話術や余興動画を駆使して
楽しい時間を演出しましょう(*’ω’*)

低予算でも工夫次第で、
きっと喜んでもらえる二次会に
できると思います♪

 

まとめ

bridal-son-in-law-marriage-wedding-38569-1

いかがでしたか?

結婚式の二次会の費用は、
基本的には会費からオーバーした分は
すべて新郎新婦の自己負担になります。

  • 幹事の会費
  • 幹事へのお礼
  • 新郎新婦の衣裳代

は会費ではなく
自分たちで支払いましょう。

幹事代行業者に依頼すれば、
友人に頼むのと同じくらいの予算
プロのサービスを受けることができます。

予想外の出費がなくなるので、
幹事代行業者に依頼するほうが
お得になると思いますよ♪

一度検討してみてくださいね♡



二次会の幹事を頼む人がいないなら必見!

いざ結婚式の二次会をやろうと思っても、

・幹事を頼める人がいない
・嫌な顔をされそうで頼みづらい
・進行を任せられる人がいない

などの悩みはありませんか?

そんなあなたには、
自己負担額0円で利用できる
2次会サポーターズがおすすめ
です。

2次会サポーターズなら自己負担額0円で
2次会の代行を請け負ってくれます。

他にも、

・専属カメラマンが無料で付く
・招待状の作成をしてくれる
・受付や写真撮影もしてくれる
・プロの司会が進行してくれる
・過去の実績が2500組以上

などのメリットがあり、2次会のことは
全て任せることができます。

しかも今なら1日3組限定で、
タキシード・ドレス・ブライダルエステなど
119200円分のプレゼントを無料でGETできます♪


二次会サポーターズの詳細を確認する♪

    タイトルとURLをコピーしました