1. TOP
  2. 結婚式の形式別で探す
  3. 授かり婚
  4. 妊娠中の結婚式『マタニティウェディング』!安全な時期はいつまで?

妊娠中の結婚式『マタニティウェディング』!安全な時期はいつまで?

    近年は妊娠してから結婚式を挙げる人も
    増えており、マタニティウエディングに
    特化したサービスも充実しています。

    とはいっても、
    妊娠中は何かと気がかりなことも多いですよね。

    さまざまな不安や心配から
    マタニティウエディングに踏み出せずにいる
    プレ花嫁さんも多いのではないでしょうか?

    そこで、妊娠中でも安心して
    結婚式を挙げられる時期について
    まとめてみました。


    妊娠中の結婚式!挙げても大丈夫なのは何ヶ月頃?

    マタニティウエディングを実現するにあたって
    もっとも重要なのは、結婚式を挙げる時期です。

    「いつまでなら大丈夫」と言われても
    妊娠中の体はとてもデリケート。

    無理をすればすぐに
    母体や胎児の健康に跳ね返ってきます。

    より安全に結婚式を挙げるには
    妊娠何ヶ月頃がベストなのでしょうか。

    妊娠5ヶ月~7ヶ月頃の安定期がベスト!

    妊娠期間には、いわゆる安定期があります。

    一般的に安定期は、
    妊娠5ヶ月~7ヶ月頃と言われています。

    この頃になると胎児と母体の状態が安定し、
    妊娠初期や後期よりも
    体調がいい日が続くことが多いでしょう。

    せっかくの結婚式を不調のまま迎えるのは
    あまりにも悲しすぎます。

    できる限り、安定期を逃さずに
    結婚式を挙げましょう。

    Sponsored Links

    本番+準備期間の体調も含めて検討して

    結婚式は一般的に、
    約3ヶ月間の準備期間を要します。

    実はこの準備期間が
    マタニティウエディングを
    成功させられるか否かを決定づける
    重要な要素になってくるのです。

    結婚式は本番よりも
    準備期間に多くのエネルギーを使います。

    さまざまなストレスから、
    マリッジブルーに陥る人も少なくありません。

    特に、仕事を継続しながら
    結婚式の準備も進めていくとなると
    妊娠中の体にはそれなりの負担がかかります。

    そのようなことも想定すると
    安定期に入ってすぐの日にち設定は
    おすすめできません。

    よほど体調がいい場合は別ですが、
    少なくとも結婚式準備が本格化してくる
    本番前1ヶ月は、安定期に入っているように
    日にちを設定する方が安心です。

    Sponsored Links

    妊娠中の結婚式で注意が必要な時期はいつからいつまで?

    それでは安定期以外の時期に
    結婚式を挙げることは無理なのでしょうか?

    妊娠中の体調には個人差があり、
    「絶対に安定期でなければならない」
    というわけではありません。

    また、「いつまでに挙げてもらいたい」
    という両家の意向などで
    安定期以外の結婚式が
    強いられることもあります。

    ですが、妊娠中の結婚式は
    「妊娠は病気じゃない」
    という理屈が通用しない場合があります。

    それぞれの時期に結婚式を挙げる場合の
    リスクを見ていきましょう。

    妊娠初期(~4ヶ月頃まで)はつわりや流産リスクが高い

    妊娠初期は、お腹の膨らみも目立たず
    着たいドレスも問題なく着ることができます。

    妊娠中であることを
    公表せずに結婚式を挙げることを望む場合も、
    初期の方がいいのでは?と
    考える人も多いでしょう。

    確かに
    妊娠初期ならではのメリットもありますが、
    この時期はつわりの症状がひどいことも多く、
    胎児も安定していません。

    不調の中、結婚式の準備という
    強いストレスがかかることをこなすのは
    体にも精神的にも、かなりの負担となります。

    また、安定期に比べて
    流産のリスクも高い時期です。

    とはいっても、結婚式を申し込んですぐに
    妊娠が発覚したという場合は、
    そのまま強行せざるを得ないこともあります。

    いずれにしても
    この時期に結婚式を挙げるとなった場合は、
    周囲の理解と協力が必要不可欠です。

    妊娠後期(8ヶ月以降)はお腹が目立つ時期

    妊娠後期は、胎児も順調に成長し、
    マタニティライフを楽しむ余裕も出てきます。

    安定期に準備を済ませて、
    妊娠後期に結婚式を挙げるのも
    一つの選択肢ですが、
    この場合の問題点は、お腹が目立つということ。

    ドレスは選べる幅が少なくなりますし、
    和装の締め付けも苦しく、
    決して楽ではありません。

    軽やかに動く花嫁姿を見せるのは
    難しいと思った方がいいでしょう。

    臨月には切迫早産の危険性がある

    いくら体調がよくても
    臨月の結婚式には多くのリスクが伴います。

    「赤ちゃんは十月十日で生まれてくる」は
    それほどあてになりません。

    誰にでも切迫早産の可能性はありますし、
    転倒にも細心の注意が必要です。

    いつ生まれてきてもおかしくない臨月は
    よほどの事情がない限り
    避けた方が無難です。

    Sponsored Links

    経験者の感想!妊娠中に結婚式を挙げてよかった?後悔している?

    妊娠中の結婚式は
    多くの花嫁にとって未知の世界です。

    一生に一度の結婚式、
    妊娠中だったからという理由で
    後悔したくはないですよね。

    マタニティウエディングの体験談を
    先輩花嫁に聞いてみました。

    【妊娠中に挙げてよかった】

    妊娠してからも、しばらくは気づかないくらい体調がよかったので、このままいけるだろうと踏んで、妊娠5ヶ月での結婚式に踏み切りました。
    マタニティウエディングのサポートが手厚い会場を選んだのもよかったです。
    打合せのために、プランナーさんが自宅に来てくれたり、会場のレイアウトやプログラムも、妊娠中の体に負担にならないよう配慮してくれました。
    当日も専属のスタッフの方が終始ついてくださり、とても心強かったです。
    妊娠3ヶ月で挙げました。
    かなり迷いましたが、もう招待状の打ち合わせも進めているし、今からの変更は逆にストレスになると考えて、そのまま決行しました。
    少しつわりはありましたが、結婚式の準備が欝々とした気分を晴らしてくれました。
    私は何かに集中することで気分が紛れるタイプなので、この選択でよかったと思っています。

    【妊娠中に挙げて後悔している】

    両親が「妊娠していることを知られたくない」「子持ちになってからの結婚式は反対」と言うので、4ヶ月で挙げました。
    準備は締め切りに追われることが多く、ストレスからマリッジブルーとマタニティブルーが同時にやってきました。
    早く結婚式が終わってほしいということばかり考えていました。
    できることなら、生んでから3人で結婚式をしたかったです。
    妊娠7ヶ月の結婚式は、ハプニングの連続でした。
    まず、ブライズルームでドレスが入らない!
    スタッフの方が裁縫道具を持ってきて対応してくれましたが、もともとのシルエットとは程遠い印象になってしまいました。
    お腹も大きくなってきていたので、ヒールが低い靴に変えてもらいましたが、今度はドレスの裾が長くて巻き込んでしまい、危なく転ぶところでした。

    妊娠中の結婚式は
    通常時よりもさまざまな配慮が必要になります。

    会場のサポートがしっかりしていて
    自らの体調もコントロールできるくらいなら
    問題はないでしょう。

    ですが、もともと気分が乗らないとか
    体型の変化が気になる場合は
    今一度、結婚式の時期を
    考えてみることも必要です。

    Sponsored Links

    まとめ

    妊娠中の結婚式については賛否両論があり、
    どちらが正しいという正解もありません。

    ただ一つ、心に留めておきたいのは
    妊娠も、結婚も、よろこばしいことである
    ということ。

    マタニティウエディングをするかしないか
    迷ったときには、
    今、結婚式をすることで
    妊娠と結婚、どちらも自分が喜べるか
    を基準に考えてみましょう。

    二つの幸せが同時にやってきたことを
    心から喜べるのが
    マタニティウエディングの醍醐味なのですから。



    式場探しに疲れた人必見!

    憧れの結婚式をするために、式場探しに意気込んだまではよかったけど、

    ・仕事が忙しく式場を探す『余裕』がない
    ・気に入った式場が見つからない
    ・見積もりが高く貯金が足らない

    などの悩みはありませんか?
    そんなあなたには完全無料の割引サービス
    Hanayume(ハナユメ)がオススメ
    です。

    ハナユメが人気の理由は、

    ・式場別の見積額がチェックできる
    ⇒『値引き交渉が必要ない』
    ・定額ウエディングはどの式場でも同じ金額
    ⇒さらに料金後払いOK
    ・相談デスクの接客が神
    ⇒デスク利用客の満足度97%!

    などなど。他にも、
    『ハナユメ割で結婚式の費用50%オフ』や『平日や仏滅で大きな割引サービス』があるので、
    予算(貯金)が少なくても希望の式場を選べます♪

    ※今なら当サイト限定で商品券50,000円が
    貰えるキャンペーン実施中♪


    【当サイト限定企画!】
    商品券50,000円キャンペーン♪
    《豪華特典アリ♪期間限定》
    ↑↑商品券50,000円プレゼント↑↑

    【関連する人気記事】

    Sponsored Links

    \ SNSでシェアしよう! /

    ANOTHER WEDDING~プロポーズから結婚式までの悩みを解決するサイト~の注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    ANOTHER WEDDING~プロポーズから結婚式までの悩みを解決するサイト~の人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア

    \ あなたの声がサイトをもっと便利に!/
    ↑↑アンケートにお答え下さいね♪↑↑

    ANOTHER JOURNAL
    (メールマガジン・各日配信)


    ANOTHER WEDDINGの読者さまからの
    声を反映した『ANOTHER JOURNAL』の
    無料サービスが始まりました!

    以前から募集させてもらっているアンケートの声として
    『結婚式までの流れ』や『結婚式の準備』に関連する
    疑問や悩みをたくさん頂いていました。

    そこでANOTHER WEDDINGのスタッフが
    制作した記事を、結婚式までの流れに沿って
    紹介するサービスをスタート!

    お役立ち情報満載のお知らせをご希望の方は
    下記のフォームに氏名とメールアドレスを
    入力して下さいね♪

    *メールアドレス
    *お名前(姓・名)

    ※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※

    ライター紹介 ライター一覧

    安里 トーコ

    18歳でホテル業に従事。結婚式好きが高じて後にウエディングプランナーに転向。24歳で勤務していたゲストハウスを退社。一念発起しフリーランスのウエディングプランナー 兼 披露宴MCへ。現場のたたき上げで有り余る体力を武器に多くの披露宴をプロデュースしましたが、結婚を機に活動の場を現場から家庭へシフトしました。
    現在は細々と、二人にとって「もう二度とできない! 最高の結婚式」を作る仕事をしています。
    過去のウエディングプロデュースの経験を生かし、結婚を控えモヤモヤとした悩みを抱えるプレ花嫁へ、何か一つでもいいから「そうか! こうすればいいんだ!」と思ってもらえるような記事を書きたいと思っています。
    好きなことは旅行。猫6匹と郊外暮らしを楽しんでいます。

      今月のオススメ記事9選

      • 授かり婚にかかる費用と段取りを徹底解説!引越しから産休まで

      • 授かり婚のプロフィールムービー!内容や流れは通常と違うの?

      • 授かり婚の結婚式時期は?入籍・指輪・新婚旅行のタイミングも

      • 授かり婚の挨拶例文と報告のタイミングは?説得させるテクニックを紹介

      • 産後の挙式はいつがベスト?負担が少ないタイミングとは?