結婚式は何月が安い?安い時期と高い時期を比較

結婚式というのは、実は
高速バスやLCC(格安航空)などと同じく、
時期によって大きく変動するのは
ご存知でしょうか?

ただでさえ結婚式は高額なものですし、
どうせなら少しでもお得な安い時期に
挙げたいものですよね。

そこで、今回は

についてまとめてみました。

元プランナー目線で
一般的な結婚式費用の相場よりも

安くするための方法も伝授しますよ。

コストパフォーマンスのよい結婚式の実現に
ぜひお役立てください。

結婚式は何月が安い?安い時期と高い時期はいつ?

結婚式が安い時期と高い時期では、
その他の内容がまったく同じでも、
場合によっては80~100万円ほどの差
出ることもあります。

昨今、利用者が増えているLCCなどと同様に

  • 申し込む時期
  • 実施する日時
  • 式場側の都合

によって、価格が大きく変動するのが
結婚式なのです。

一般的に、結婚式と実施時期には
以下のような関係性があるといわれています。

最も安い時期1月/2月
安い時期3月/6月/7月/8月/9月/12月
高い時期4月/5月
最も高い時期10月/11月

10月、11月は気候が安定していることもあり、
結婚式業界は繁忙期です。

一方、1月、2月は寒さが厳しく、
屋外での演出なども難しくなるため、
閑散期と呼ばれる時期になります。

言うまでもなく
結婚式が安い時期は閑散期です。

式場や地域によって多少の違いはあるものの、
リゾート地以外の国内で結婚式を挙げるのなら、
上記のような価格変動があると
認識しておきましょう。

また、結婚式が安い日程を探すなら、
HIMARI(ヒマリ)での式場検索がオススメ。

HIMARIでは安く結婚式を挙げられる
日取りを選択し、仮予約まで完了できます。

HIMARI公式サイトで安い日取りをチェックネットで空いている日を確認する
こともできるので、チェックしてみましょう。

結婚式が安い時期は場所によって違う!エリア別で紹介

ところが、
リゾート挙式では少し事情が変わってきます。

リゾート挙式は挙式費用に加えて
渡航費や滞在費が必要になるため、
旅行に近い価格変動がある
と思っていいでしょう。

リゾート地での結婚式費用の傾向は
以下のとおりです。

場所安い時期高い時期
沖縄2月8月
軽井沢1月6月
札幌1月9月
ハワイ1月6月
グアム6月1月
バリ6月12月

すべてのケースに
当てはまるわけではありませんが、
上記のエリアで挙式を検討している場合は、
このような傾向があることを
理解しておきましょう。

沖縄の結婚式が安い時期はいつ?

沖縄での結婚式費用そのものは、
本土の相場と大きな違いはありません。

夏冬が安くて春秋が高いと考えていいでしょう。

一方、本土から渡航して結婚式を行う場合は、
沖縄旅行の費用が発生するため、
事情が変わってきます。

一般的に、沖縄での結婚式費用は
以下の傾向です。

最も安い時期2月
安い時期1月
高い時期5月
最も高い時期8月

注意すべき点は、
結婚式のオフシーズンといわれる8月が
もっとも高い時期であることです。

8月は沖縄旅行のトップシーズンであり、
渡航費も宿泊費も
非常に高い金額設定となります。

結婚式そのものの金額は安くても
トータルで見ると
8月は想像以上に高くなると考えたほうが
いいでしょう。

反対に、もっとも安いのは2月です。

この時期の沖縄は
1年でもっとも寒い時期であり、
天候も曇りがちの日が続きます。

海に入ることも実質的には難しいため、
旅行代金がとても安くなります。

とはいっても、時には
夏を思わせるような日差しが
降り注ぐ日もあるので、結婚式には
かなりお得な時期といえるでしょう。

軽井沢の結婚式が安い時期はいつ?

軽井沢での結婚式は
行楽の混雑具合と比例して
結婚式の費用が変動するという特徴があります。

結婚式費用の傾向は以下のとおりです。

最も安い時期1月
安い時期2月
高い時期7月
最も高い時期6月

他の国内挙式では
いわゆる「ジューンブライド」の時期は
それほど費用は高くないのが一般的です。

梅雨の時期に重なること、
暑さもそれなりに厳しいことが挙げられますが、
軽井沢での結婚式はその限りではありません。

軽井沢のオンシーズンは
緑が美しい5月~7月です。

この間でもっとも人気があるのは、
ジューンブライドといわれる6月で、
費用も高い傾向があります。

避暑地とされる場所柄もあり、
暑さもそれほどではありません。

反対に、寒さが厳しく
一面雪景色となる1月は
軽井沢のオフシーズンです。

お得なプランなども数多く、
雪景色という冬ならではの楽しみもあるので、
価格重視のカップルは
検討してみるといいでしょう。

結婚式が安い時期!札幌の場合は?

札幌での結婚式は、
他の国内リゾートと同様、
秋がオンシーズン、冬がオフシーズンです。

最も安い時期1月
安い時期12月
高い時期7月
最も高い時期9月

中でも、シルバーウィークがある9月は
気候が安定しているため人気が高い
という特徴があります。

また、一般的な国内での結婚式で
オフシーズンとされる7月も、
札幌では人気です。

7月は札幌のベストシーズンであり、
有名なラベンダー畑も最盛期を迎えます。

そのため、本土在住の場合は、
7月もそれなりに高いという点に
注意しましょう。

反対に、オフシーズンとなる冬は
結婚式の費用もかなり安くなります。

中でも正月を除く1月は
1年でもっとも安い時期であり、
12月も1月に続く安さです。

日本の最北に位置する北海道の冬は厳しく、
寒さと雪に見舞われる可能性も高くなります。

とはいっても、東北や北陸と比較すると
降雪量が少ない日も多く、
寒さや雪に対する対策も充実しています。

屋内での結婚式であれば
大きな問題はないでしょう。

ハワイの結婚式が安い時期はいつ?

ハワイでの結婚式は、雨季と乾季という
亜熱帯特有の季節に影響されます。

とくに
乾季に人気が集中しているのが特徴です。

最も安い時期1月
安い時期2月
高い時期10月
最も高い時期6月

青い海に白い雲、原色の花々が咲き誇る
ハワイのイメージにもっとも近いのが
4月~10月の乾季です。

中でもジューンブライドである6月は
もっとも人気があり、
費用も高い傾向があります。

加えて、ハワイは日本のみならず、
世界的に人気があるエリアなので
乾季は激戦だと思っていいでしょう。

一方、雨季に入る11月からは
結婚式もオフシーズンを迎えます。

中でも正月を除く1月は、
島内もかなり落ち着いており、
気温も乾季と比較すると低くなります。

雨季といっても日本の梅雨とは異なり、
スコールといわれる
一時的な通り雨が増える程度なので、
価格重視のカップルにはおすすめです。

グアムの結婚式が安い時期はいつ?

グアムのもっとも際立った特徴は、
結婚式のオンシーズンと
グアム旅行のオフシーズンが重なる
ということです。

最も安い時期6月
安い時期3月
高い時期12月
最も高い時期1月

グアム旅行は目立った価格の変動が少なく、
価格が大きく動くのは
年末年始や大型連休などに限定されます。

そのため、これらの時期を避ければ
極端に費用が変動することはありません。

一方、グアムには雨季と乾季があります。

雨季は6月~10月、乾季は11月~5月です。

気候の面だけを考えれば、
乾季を選ぶのがおすすめです。

3月は旅行代金も比較的安いうえに、
降水量も少ない時期なので、
結婚式には適した時期といえるでしょう。

バリの結婚式が安い時期はいつ?

バリでの結婚式費用は、
もっとも安い時期と乾季が重なる
という特徴があります。

最も安い時期6月
安い時期2月
高い時期4月
最も高い時期12月

もっとも安い6月はバリの乾季であり、
費用が安いだけではなく、
天候にも恵まれる可能性が高くなります。

一方、ホリデーとなる12月や
大型連休がある4月は非常に高くなるうえ、
雨季に当たってしまいます。

バリは費用も天候も妥協せずに済む
メリットの多い場所といえるでしょう。

結婚式の前撮りが安い時期もあるの?

結婚式を行うにあたって、
前撮りを検討している人も
多いのではないでしょうか。

前撮りにかかる費用は決して安くないので、
できることなら安い時期に前撮りを行いたい!
と考える人もいるでしょう。

一般的に、前撮りの費用は
結婚式のオフシーズンと同様の傾向があります。

最も安い時期1月/2月
安い時期3月/6月/7月/8月/9月/12月
高い時期4月/5月
最も高い時期10月/11月

結婚式のオフシーズンには
開催されるキャンペーンが多くなり、
費用が節約できるのが主な理由です。

一方、リゾートでの前撮りを希望する場合は、
その場所のオフシーズンに前撮りを行うと
結果としても安くできるケースも多くなります。

たとえば、沖縄のオフシーズンである2月に
前撮りを行う場合、
渡航費用が押さえられるので安くなります。

とはいっても、前撮りは
結婚式で着用する衣装で、
メイクリハーサルも兼ねながら行うことも多く、
当日から逆算して日程を設定するのが基本です。

このような事情から、
フォトスタジオ側でも特別に安い時期は
設定していないことがほとんどでしょう。

結婚式の費用を安く済ませる方法!6つのポイント

結婚式の費用を押さえる大前提は
人気のないときを狙って結婚式を申し込む
ことです。

ここからは、結婚式の内容を変えることなく
費用を安く済ませる方法を紹介します。

①結婚式は何月が安い?時期・シーズン・季節!

結婚式が安く設定されている時期には、
以下の傾向があります。

  • 大型連休がない
  • 気候が不安定
  • 結婚式とは相容れないイベントがある
    (お盆など)
  • 地域特有のイベントがある
    (お祭り・農繁期など)

これらのことから、
地域によって多少の違いはあるものの、
多くの式場では、夏と冬をオフシーズン、
春と秋をオンシーズンと位置づけています。

理論的には、
大型連休がなく、暑さ寒さが厳しく、
お盆などの追悼行事があり、
地域的に他の仕事の繁忙期に重なる時期は
もっとも結婚式が安いということになります。

しかし、現実的にはみずから進んで
このような日を選ぶ人は少なく、
式場側がキャンペーンを打ち出さなければ
申し込みが増えることはありません。

そのため、
各式場ではサマープランやウィンタープランを
打ち出し、オフシーズンの集客に努めています。

一般的には、7月、8月、1月、2月
結婚式を安く済ませるのに適した時期と
考えていいでしょう。

②結婚式を平日にすると安い!割合はどれくらい?

「結婚式は土日祝日」
というイメージが強いかもしれませんが、
費用面を重視するのなら、
平日の結婚式も視野にいれましょう。

調査では、結婚式を挙げた曜日別の割合は
以下のようになっています。

曜日割合
月曜~木曜5.2%
金曜日8.7%
土曜日57.7%
日曜日23.7%
祝祭日4.1%

引用:ハナユメ

もっとも多いのは土曜日、
次いで日曜日となっているものの、
少数ではありますが
平日に結婚式を挙げている人もいます。

平日を選ぶ人は極端に少ないので、
費用も格段に安くなります。

なぜあえて平日に結婚式を挙げるのか
と疑問を持つ人もいますが、

  • 2人の誕生日の真ん中
  • 両家親の結婚記念日の真ん中
  • 2人の記念日

など、明確な理由がある日であれば
家族や列席者からの賛同も得やすいでしょう。

③結婚式の日取り・日柄(六曜・六輝など)を調整

日本ではかねてから、
結婚式などのおめでたいことを行う日は
六曜に沿って決めるとよいとされてきました。

六曜と結婚式の日取りには
以下の傾向があります。

六曜意味人気の度合い
先勝午前は吉、午後は凶
友引幸せのお裾分け
先負午前は凶、午後は吉
仏滅万事に凶×
大安万事に吉
赤口午前11時ごろから午後1時ごろまで吉

結婚式の費用は、
六曜の人気と比例しているケースが多々あり、
大安と友引がもっとも高いといわれます。

具体的には、大安と友引以外の日には
お得な割引が適用されるということです。

とくに仏滅は、多くの人が結婚式を避けるため、
式場側は大幅な割引を提示することも
少なくありません。

逆に考えると、この「日取り」を調整すれば
結婚式費用を安く済ませることは
十分に可能ということになります。

WEB完結型の式場探しサービス・
HIMARI(ヒマリ)では日取りの調整によって
安く結婚式を挙げられる日を検索できます。

HIMARI(ヒマリ)で安い日取りをチェックする一方、六曜は迷信としての位置づけであり、
科学的根拠がないことから
積極的な廃止を求める人も少なくないのが
実情です。

現に、六曜を重視して結婚式を挙げる人は
半数程度に留まっています。

■暦〔六曜〕の重視度

  • 重視した・・・15.29%
  • やや重視した・・・37.1%
  • どちらともいえない・・・8.8%
  • あまり重視しなかった・・・21.1%
  • 重視しなかった・・・16.8%
  • 無回答・・・1.0%

ゼクシィ結婚トレンド調査2018調べ

このことからも、六曜にとらわれずに
安く結婚式を挙げることは、
現実的な選択肢だといえるでしょう。

④結婚式の挙式時間を調整

結婚式には人気の時間帯があります。

そして、人気の時間帯ほど
費用が高くなるのが一般的です。

もっとも人気が高いのは、
料理を昼食として食べられる時間帯です。

たとえば、

  • 10時から挙式、11時から披露宴
  • 11時から挙式、12時から披露宴

などが、もっとも人気の時間帯
いえるでしょう。

次に人気なのが、午後からの挙式です。

  • 午後2時から挙式、3時から披露宴
  • 午後3時から挙式、4時から披露宴

なども人気が高い傾向です。

4時から披露宴を行えば、
おひらきとなるのは6時頃ですから、
それから二次会を行うのには
ちょうどいい時間帯です。

また、二次会などを予定していなくても
ゲストが帰宅するのに十分な余裕があることも
人気の理由といえるでしょう。

一方、人気はないけれど、
料理を食事として楽しめる時間帯があります。

それがナイトウェディングです。

ナイトウェディングであれば、
食事を夕食として食べられるうえ、
夜ならではの演出も可能です。

「結婚式は昼に行うもの」
という概念にとらわれずに
検討してみるのもいいでしょう。

⑤結婚式の予約時期をずらす

結婚式は、予約時期によって
価格が変動することがあります。

  • 半年以上前の予約で割引
  • 直近1カ月前の予約で割引

など、早めの予約もしくは直前の予約で
安くなるケースが多いでしょう。

結婚式の予約は一般的に
当日から逆算して半年~3カ月前が
もっとも多くなります。

逆に考えると、半年より前や
3カ月を切った直近で申し込む人は
少ないということです。

とくに直近の申し込みは
日が限定されているという条件も加わるため、
大幅な割引が適用されることも
少なくありません。

日取りに特段のこだわりがない場合は、
申し込み時期をずらすことも
検討してみましょう。

⑥式場都合で安くなる日もねらい目

結婚式は、時期や日取り、時間以外にも
安くなる要素があります。

それは、式場の都合です。

たとえば、急にキャンセルが出て
結婚式の枠が空いたとき、
その枠であることを条件に
安くなることがあります。

ホテルなどでは、他の宴会などが入っていて
結婚式専用にスペースを確保できないときに
割引を行うケースも少なくありません。

また、外壁や増築など工事を行っている場合も、
通常の景観が確保できないという理由で
値引きに応じてくれることもあります。

このように、
人気のある時期や日取りであったとしても
式場の都合によって安くなることもある
覚えておきましょう。

結婚式の時期で迷惑になる?

結婚式は、いつ、どこで行おうと
ふたりの自由です。

一方で、ゲストの都合を考えて
日時を設定する必要があることも
忘れてはなりません。

たとえば、土日祝日が休みの企業に勤めていて、
会社関係の人を多数招待するのであれば
平日の結婚式は避けたほうが無難でしょう。

親族中心の結婚式で、
日取りにこだわる人が多い場合は
いくら安くても仏滅は避けたほうが賢明です。

これらのことが懸念される場合は、
両家の意見も取り入れながら
ふたりでしっかり話し合い、
問題を事前にクリアしておくこと
必要不可欠でしょう。

一方、ふたりはゲストの迷惑にならないよう
気を遣って日程を決めようとしても、実際には
ふたりの考えとゲストをとりまく実情が
合わないケースも少なくありません。

たとえば「平日の結婚式なんて
ゲストに迷惑がかかるかも」
と思う人は多いでしょう。

しかし、実際にゲストがどう考えるかは
どれだけ推測しても
確定できるものではないのが実情です。

平日の結婚式に列席した人からは
このような声も聞かれます。

平日に結婚式に呼ばれると、堂々と有給休暇を取得できるのがうれしいです。

土日は貴重な休みなので、人の結婚式で潰したくないのが本音です。

平日の結婚式を
肯定的に捉える人も多いことがわかりますね。

「夜の結婚式はゲストに迷惑がかかりそう」
と思うかもしれませんが、
意外に好評を得ることも少なくありません。

ナイトウェディングは、丸1日を結婚式に費やす必要がないのでうれしいです。午前中にやるべきことをこなし、ゆっくり準備をしてから参加できます。

ナイトウェディングなら、二次会や三次会がダラダラと続かないので気楽です。

結婚式の朝はとても早く、
それを苦痛と感じる人もいます。

また、子どもの行事などがある場合でも
夕方からなら参加できるというケースも
あります。

結婚式は、100%誰もが満足する
日取りや時間帯はありません。

必ず誰かにとっては都合がよく、
誰かにとっては都合が悪いものです。

大切なのは、費用の問題だけでなく
「この日に結婚式をしたい」という
ふたりの思いがあるか否かです。

また「たとえ都合が悪くても
この人のために結婚式に駆け付けたい」
と思ってもらえるような
人間関係を形成しておくことも重要です。

まとめ

結婚式の費用を安く済ませるためには、
みんなとは違う視点で
結婚式を見ることが大切です。

  • 海外リゾートは高いから無理
    →旅費が安い時期に行けばいい
  • 冬は寒いからイヤ
    →屋外に出なければ問題ない
  • 夏は暑いからイヤ
    →気温が涼しくなる
    ナイトウェディングにすればいい
  • 仏滅はイヤ
    →他の結婚式と重なることはまずない

など、デメリットの裏にあるメリットに
目を向けましょう。

時期をずらすことで安くしたい場合は、
以下の傾向を参考にしてみてください。

もっとも安い時期1月/2月
安い時期3月/6月/7月/8月/9月/12月
高い時期4月/5月
もっとも高い時期10月/11月

リゾートウエディングであれば、
安い時期を狙うと格段に費用が抑えられます。

場所安い時期高い時期
沖縄2月8月
軽井沢1月6月
札幌1月9月
ハワイ1月6月
グアム6月1月
バリ6月12月

結婚式を多角的に見られるようになると
同じ内容でも費用がぐっと安くなります

また時期だけでなく式場都合での
安い時期はHIMARI(ヒマリ)で
チェックすることができます。

HIMARI(ヒマリ)で安い日取りをチェックする

予算内で満足できる結婚式を
実現してくださいね。

式場探しに疲れた人必見!

憧れの結婚式をするために、式場探しに意気込んだまではよかったけど、

・仕事が忙しく式場を探す『余裕』がない
・気に入った式場が見つからない
・見積もりが高く貯金が足らない

などの悩みはありませんか?
そんなあなたには完全無料の式場紹介サービス
Hanayume(ハナユメ)がオススメ
です。

ハナユメが人気の理由は、

・式場別の見積額がチェックできる
⇒『事前に心の準備ができる』
・相談デスクの接客が神
⇒デスク利用客の満足度98.3%!

などなど。他にも、
『ハナユメ割で結婚式の費用大幅割引』や『平日や仏滅で大きな割引サービス』があるので、
予算(貯金)が少なくても希望の式場を選べます♪

※今なら当サイトで商品券50,000円が
貰えるキャンペーン実施中♪

【当サイト特別企画!】
商品券50,000円キャンペーン♪
《豪華特典アリ♪期間限定》
↑↑商品券50,000円プレゼント↑↑


ハナユメに理想の式場がない...そんな時は
ハナユメのキャンペーンは魅力的だけど、

『自分が挙げたい式場がない!』
『近くに相談カウンターがない!』

という場合は、日本最大の
提携式場数を誇るゼクシィがオススメ!

ハナユメの提携式場が約600に対し、
ゼクシィは約2500もあるので、
自分の理想の式場が見つかること間違いなし!

今ならゼクシィでも4万円分の商品券が
貰えるキャンペーンがあるので、
希望の式場がハナユメで見つからなければ
ゼクシィをチェックしてみて下さいね♪

⇒ゼクシィネットで式場を探す♪

    タイトルとURLをコピーしました