ANOTHER WEDDING~RING~のInstagramアカウントがリリース♪

ハナユメキャンペーン

結婚式の費用は分割や後払いできる?支払い方法まとめ【完全版】

たとえ規模は小さくても、
やっぱり結婚式は挙げたい♪

でも、貯金がないから無理…
なんて諦めていませんか?

実は、支払い方法を工夫するだけで、
結婚式の夢は叶うかも知れませんよ。

となれば、その方法を知りたいですよね!

そこで今回は、気になる
結婚費用の支払い方法について

  • 先払いが多い!?結婚費用の支払い方法
  • ご祝儀を充てた分割や後払いはできる?
  • 各支払い方法のメリット・デメリット

といった内容を中心に詳しく調べてみました!

結婚式は一生に一度のことですし、
新婚生活が落ち着いてからと思っても、
なかなか実現しにくいもの。

せっかくの結婚式への夢を
お金がないのを理由に
あきらめてしまう前に
ぜひ読んでみて下さいね。

スポンサーリンク

結婚式費用を分割や後払いにする支払い方法はあるの?

まとまったお金が必要となる結婚式。

ご祝儀をあてられる後払いや分割払い
ができたら助かりますよね。

まずは、それぞれの支払い方法について
詳しくみていきましょう♪

一般的な支払い方法は?

一般的には、現金による先払い
が多いと言われています。

最近では、クレジットカード払い
ができる会場も増えつつありますが
主流とまではいかないそう。

となると、結婚式の前までに
結婚費用を準備する必要があります。

費用を分割にする方法はある?

まとまったお金を用意
するのは無理でも、
毎月少しずつ支払うことなら出来そう。
そんなカップルのための
結婚費用を分割する方法がこちら。

  • クレジットカードで分割払いにする
  • ブライダルローンを組む
  • 結婚式場のローンを利用

クレジットカードの場合は、
限度額を引き上げておくことをお忘れなく。

また、どれも式場によっては
取扱いがない場合があるので
注意が必要です。

費用を後払いにする方法は?

先払いは無理だけど、
ご祝儀を充てれば支払いができそう
というカップルのための、
後払いにする方法がこちら。

  • クレジットカードを利用
  • ブライダルローンを組む
  • 当日払い・後払いOKの会場を探す

結婚式場を探す時は、
当日払いや後払いができる会場
絞って選ぶのがいいかも知れませんね。

結婚式費用の支払い方法は?それぞれのメリット・デメリットも

結婚式費用の支払い方法は主に3つ。

それぞれのメリット・デメリット
について調べてみました。

現金払い

◎メリット
支払ったら手続き完了
手渡しの場合は手数料がかからない

◎デメリット
支払い期日までに全額用意する必要がある

クレジットカード払い

◎メリット
分割払いができる。
ポイントが貯まる。

◎デメリット
月々の支払いが新生活に影響する

ブライダルローン

◎メリット
資金がなくても結婚式ができる

◎デメリット
月々の支払いが新生活に影響する

転居や家具・家電の購入など
新生活は何かとお金がかかるもの。

結婚費用の支払い
生活を圧迫しないようにしたいものですね。

結婚式費用の支払い期日はいつ?


支払いのタイミングは大きく3つ。

それぞれのメリットとデメリット
もチェックしてみましょう。

◎前払い
結婚式の前日迄に支払います。

<メリット>
式当日に支払いの心配をしなくて済む。
<デメリット>
結婚式までに費用を用意する必要がある。

◎当日払い
結婚式当日(披露宴終了後など)に支払います。

<メリット>
ご祝儀を支払いに充てられる。
<デメリット>
ご祝儀が少なかった場合を
考えておく必要がある。
二次会を控えている場合など慌ただしくなる。

◎後払い
結婚式の翌日以降に全額を支払います。

<メリット>
ご祝儀を確認してから支払える。
<デメリット>
ご祝儀が足りなかった場合の費用調達が大変。

一般的には結婚式よりも先払いが基本

結婚式場の多くが先払い制
になっています。

結婚費用は大金ですから、
式場側がリスクを避けるために
先払いにするのも分かります。

でも、ご祝儀をいただけるのは当日なのに
事前に全額払わないといけないなんて
どうすればいいの(>_<)と
思っちゃいますよね。

そんなカップルの声を受けて、
支払い方法を見直す会場
増えているようです。

ご祝儀を当てられる当日払い・後日払いができる会場も

ご祝儀を使って支払いができるように
当日払いや後日払いができる結婚式場
も増えているようです。

結婚式場を探す際に、
支払い方法から検索すると
いいかも知れませんね。

ただ、当日払いは
短時間でご祝儀を集計して、
支払いをしなくてはならないので
慌ただしくなりがち。

予め、集計を手伝ってくれるよう
何名かの親族に声をかけておく
といいかも知れませんね。

まとめ


いかがでしたか。

結婚費用の支払い方法についてまとめると

  • 結婚費用の支払いは、先払いが一般的。
  • 分割払いや後払いにする方法は3つ
    1.クレジットカードを利用
    2.ブライダルローンを組む
    3.後払いが可能な式場を選ぶ

ということが分かりました。

費用が準備できないとなると、
結婚式自体を諦めてしまいがちですが、
支払い方法を工夫することで
問題は解決できるかも知れません。

結婚式は一生に一度。

無理のない範囲で、
後悔しないようにして下さいね♪

式場探しに疲れた方必見!

いざ結婚式場を探そうと
雑誌を買って調べ始めたけど、

・式場が多すぎて選ぶ基準がわからない
・仕事が忙しくゆっくり探す余裕がない
・見積り額が高く貯金が足らなくなりそう

などの悩みはありませんか?
そんなあなたには無料で式場探しができる
ハナユメがおすすめ
です。

ハナユメが人気の理由は、

・WEBの画像がインスタ風で見やすい
・式場の見積り額がWEBでチェックできる
・相談デスクの満足度オリコンNo.1
・前撮り・フォトなどプランが豊富
・リゾート・海外も対応

またハナユメは、
大幅な割引が魅力の『ハナユメ割』があるので、

予算・貯金が少なくても希望の式場を選べます♪

※今なら当サイトからの無料申込&式場成約で、
商品券55,000円が貰えるキャンペーン実施中♪

結婚式場が多すぎて選べない...という方は必見!

式場探しの最初の一歩は、
結婚式相談所を選ぶことからはじまります。
でもサービスが多すぎて違いがわからない・・・

・どんな結婚式に特化してるの?
・店舗数や掲載式場はどこ?
・高額特典や大幅割引があるのは?

など、ブライダルカウンター選びの
気になるポイントを徹底的に調査した
総合ランキングを発表します♬

一番人気のおすすめカウンターは・・・?

スポンサーリンク
結婚式の費用

デザイン系の専門学校を卒業後、印刷会社の制作部門にて百貨店の宣伝広告や自動車メーカーの広告媒体のデザインを担当。その後、リクルートへ転職。

求人系メディアの制作として、多岐にわたる業界を取材。ブライダル業界からメーカー、IT・小売など様々な求人広告の制作に携わる。

また、自身の結婚式では同僚のゼクシィスタッフからのアドバイスを受けながら、ゲストに楽しんでもらえるウエディングを追求。多くの笑顔を目の当たりにして結婚式のすばらしさを実感する。

出産を機に退職後は、ライター兼デザイナーとしてフリーランスに。育休中に取得した色彩検定2級や15年以上に及ぶ実務経験を生かして、ライター&デザイナーとしてスキルアップ中。

坂本 卯月をフォローする

新着記事を受け取ろう♪

結婚式の専門サイト『ANOTHER WEDDING』
    タイトルとURLをコピーしました