1. TOP
  2. 挙式のみの費用の相場は?内訳を紹介します!

挙式のみの費用の相場は?内訳を紹介します!

 2016/04/30 結婚式 費用
  13,563 Views
pexels-photo-27733-large

結婚式と言っても形式は様々。 

挙式後には披露宴や、家族での食事会を楽しむ事が一般的ですが、
“挙式のみ”を挙げることが出来るのをご存知ですか?

 

食事や披露宴会場の料金がかからない分リーズナブルなので、
予算が少なくても結婚式を挙げることができ、
手が届かないと思っていたような憧れの教会を利用する事もできます。 

また、時間も30分程度と短いのでマタニティさんにも安心だったり、
あまり派手な事はしたくない二回目さんにも◎。

旅行を兼ねて沖縄やハワイなどのリゾート地で挙式のみを挙げて
素敵な写真を残すカップルもとても多いです(*^^*)

  

“費用の相場や内容はどんなもの?”
“招待状や引出物はどうすればいい??” 

今回は、夢が膨らむ挙式のみの結婚式について、
元ウェディングプランナーの目線詳しくご説明しちゃいます♡

 

Sponsored Links

▲海外で挙式を挙げて、その様子を後日パーティのオープニング映像として使っています(^^)
美しい映像で、会場の雰囲気もグッと華やかに♡

挙式のみの結婚式!費用相場のホントのところ

a0001_016474

披露宴を挙げるよりもリーズナブルといっても、
実際どの程度の費用がかかるものなのでしょうか? 

もちろん式場や内容によってかなりの幅はあります。 

安ければ基本料金3万円くらいの式場もありますし、
高級ホテルなどでは挙式のみでも基本料金だけで
50万円近くかかる場合もあります。 

ただ、基本料金がリールナブルでも
オプションを追加するとその分費用もかかります。 

式場が提示している基本料金というのは
「必ず必要な項目の最低限がついている」プランですので、
事前に“譲れない条件”を新郎新婦ですり合わせて
オプションも入れた見積りを提示してもらうようにすれば
後からトラブルなくスムーズにすすめられるでしょう(^^) 

最終支払い額としては、
安い会場だったとしても欲しいオプションを入れて
平均30~40万円くらいはかかる事が多いようです。 

少しでも費用を抑えたい場合は、
平日や仏滅の挙式なら少し安い場合も☆彡

では、そもそも挙式のみを挙げたい場合、何が必要なのでしょうか?

絶対に必要なものとあれば良いものとに分けてご説明します(/・ω・)/

 

必須項目

施設料

チャペル、神殿など挙式会場の利用料

控室や式場自体の利用料がかかることも。 

挙式料

キリスト式・人前式・神前式など挙式スタイルによって
必要な内容も変わってくるので、
式場見学や見積り提示段階までにはある程度決めておきましょう。 

スタンダードなキリスト式の場合は、
牧師・聖歌隊・オルガニストなどの費用と、
リングピロー、結婚証明書、会場装飾などの費用。 

和風の神前式の場合は、斎主・巫女・雅楽・誓詞・玉串など
必要なアイテムが変わってきます。 

衣装、支度関係

新郎新婦が着るドレス・タキシード
そしてその際に着用するブライダルインナーやYシャツなど。 

また、新婦のティアラ、ベール、ブーケ、ネックレスなどの装飾品
手に持つブーケや新郎用のブートニアも必要。 

ヘアメイクや衣裳着付けにも費用がかかり、
移動するにはアテンドによる介添が必要です。 

 

+αオプション 

写真

写真やムービーを撮影するプロのカメラマン

更にその写真を台紙やアルバム、データで購入するなど
商品によって費用が異なります。

素人の写真とは全然違うので、
高くてもプロのカメラマンを入れる事をオススメします! 

引出物

「ゲストに手ぶらで帰ってもらうわけにはいかない」
という場合、引出物やプチギフトを準備することも。 

招待状

挙式のみの場合は口頭のみでの招待が多いですが、
招待状を準備したい場合、式場で購入することも。 

ゲストの支度

盲点なのが、ゲストのお支度代です。 

父親のモーニング、母親の留袖、
着物を着る人の着付け料、女性のヘアセット代など。 

また遠方から来てもらう場合はお車代や宿泊費用を出すことも。 

事前準備

花嫁自身の事前準備として、
ブライダルエステやヘアサロン、ネイルサロンに通う費用も。

当日使用する結婚指輪の準備もお忘れなく! 

Sponsored Links

 

・・・など、挙式だけでも結構色々必要なんですね(~_~;)

 

ドレスと写真がポイント!費用による内容やクオリティは?

pexels-photo-29858-large

挙式のみを挙げる場合、何が必要なのかをご説明しましたが
具体的に費用を左右する程の内容やクオリティ
どのように違うのでしょうか? 

ポイントごとに整理してみましょう。

 

まず、施設料や挙式料 

これに関しては必須ではありますが、
式場を決める時点でほぼ固定になります。 

後から我慢したり諦めたりする事で
費用が左右される事はありませんので、
まずは式場選びの時点で予算とマッチするかを見極めましょう。

 

次に、引出物や招待状、支度代などゲスト関係の費用 

これも誰を何人呼ぶのかによって大きく変わります

式場見学に行く際には、ある程度ゲストの人数や状況を
仮で考えておくとその場で予算のすり合わせも出来てスムーズです。

 

そしてダイレクトに予算に大きく関わってくるのが
「ドレス」と「写真」です。 

女性なら一度は憧れるウエディングドレスは、
本当に上から下までクオリティにかなりの幅があります。 

式場レンタルなのか持込みなのか?
オーダーメイドやセミオーダー、それとも買取なのか? 

素材、デザイン、ブランド、ディティール、生地の要尺など
費用を左右する要素がとても多いんです。 

プラン内の衣裳はとてもシンプルな場合が多いので、
着たいドレスの憧れがあるなら見学の際に
写真などで伝えると良いでしょう♪ 

 

そして写真関連は、正直なところ本当に価格が高い。
でも、これだけは元プランナーとして言い切れます。

写真は絶対にプロカメラマンに頼むべき!! 

結婚式は何度もやり直しがきくものではありません。

そんな大事な結婚式で、素人が自分の席で人と人の頭の間から
スマホで撮ったブレブレの写真・・・
キレイな写真は残せず残念な結果になる事が多いです。 

それにカメラマン代が高いことにも、
写真商品代が高いことにも、きちんとそれなりの価値と理由があるんです。

 

費用を惜しんだことによって
結婚式の思い出が楽しいものではなく
「後悔」になってしまうのはとても悲しい事ですよね。 

式場見学の時点で、写真商品は必要なものとして
具体的に見積りに入れてもらった上で
予算をすり合わせることをオススメします◎

Sponsored Links

 

 【文例アリ】招待状はどうする?

love-heart-hand-romantic-medium

挙式のみを行う場合、招待状は必要なのでしょうか?

一般的に結婚式の招待状は、
主に披露宴の案内がメインである事が多いようです。 

また、挙式のみの場合は主催者側の招待ではなく
友人が「花嫁姿を見たいからちょっとだけ顔を出させてね」
という軽い流れでの参加である事も多いよう。

なので挙式のみの場合は
口頭での招待でも問題ありません

 

ただ、口頭で連絡しただけでは味気ないですし、
ゲストとしては日時や場所は何かに記載された形で招待される方が
後からトラブルもなくスムーズですので、
簡単な招待状を用意してももちろん◎ 

その場合、しっかりと返信はがきまで用意されている
正式な招待状でなくても、
はがきやカードサイズの用紙に印刷する程度の
簡易のものを手作りしても良いでしょう。 

ポイント

  • 日時と式場名を記載、出来れば地図があればより良い 
  • 披露宴ではなく挙式のみに参加してもらう旨が伝わるように記載
    (出来れば招待状送付前に事前に伝えておく) 
  • 御祝儀を受け取らない意向の場合は御祝儀は辞退する
文例1

この度私たちは○月○日をもちまして入籍致しました

つきましては 末永くご懇情をいただきたく
結婚式の立ち会いをお願いいたします

ご多用中まことに恐縮でございますが
ご光臨賜りますようご案内申し上げます

尚 挙式のみを予定しておりますので
よろしくお願いいたします

また ご祝儀などのお心遣いは
なさいませんよう お願い申し上げます

文例2

拝啓 ○○の候(※季節の挨拶)
皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます
私たちはこのたび 結婚することになりました

つきましては 親しい皆様に 私たちの新しい出発に際し
お励ましを頂きたく 教会式にて挙式を行いたいと存じます

お忙しい中 誠に恐れ入りますが
ご出席のほどお願い申し上げます

なお 披露宴は行いませんので ぜひ挙式にご参列ください

 

文例3

このたび私たちは結婚式を挙げることになりました

つきましては日頃のご厚情に感謝いたすとともに
これからも末永くお付き合いをお願いしたく
挙式にお立会い頂きたく存じます

ご多用中のところ 誠に恐縮ではございますが
私たちの新しい門出を見守って頂ければ幸いです

なお 当日はご祝儀などのお心遣いは
なさいませんようお願い申し上げます


Sponsored Links

 

引出物って必要なの?

pexels-photo-38941-medium

披露宴には引出物がお決まりですが、
挙式のみの場合はどうなのでしょうか? 

そもそも挙式のみの招待とは基本的には
食事や引出物など新郎新婦からのおもてなしを省いた
気軽に参加できる席ですので、
御祝儀などのお祝いを受け取らないのであれば
引出物は必要ないでしょう。 

ただ、わざわざ新郎新婦のために時間を作って足を運んでもらうので
「手ぶらで帰ってもらうのはちょっと…」という場合は、
用意してももちろん失礼にはあたりませんが、
あまりにたくさんの高額な引出物を用意すると
逆に「御祝儀を持ってきた方がよかったのかな」と
ゲストに気を遣わせてしまうことも。 

また、親族を中心に招待する場合は
ご両親の意見を参考にするのがベター。

 

どちらにしても、引出物や手土産を用意する場合は、
式場によっては挙式後の動きに規制がある
こともあるので契約前に確認を! 

また、御祝儀辞退を事前に申し出た上で
それでもお祝いを頂くことがあるのであれば、
後日内祝いをお返しする方がスマートです。

引出物のパターン

  • 引出物フルセット(記念品+引菓子+縁起物)
  • お土産程度の引菓子のみ
  • 気軽に配れるプチギフト
  • 当日は渡さず、頂いた額によって後日内祝い

 

 

リーズナブルに賢く、そしてふたりらしく♡

pexels-photo-28914-large

「ふたりの大切なお金は新婚旅行や新生活のために使いたい。」

だから『結婚式はなるべくリーズナブルに!』
という考えのカップルに大人気の挙式のみの結婚式 

基本料金がリーズナブルな分、
式場のランクや、ドレスや写真にかなりこだわっても
披露宴ほど大きな金額になることが無いのが
挙式のみの良いところです♪ 

挙式のみでもふたりにとっては大切な結婚式には違いありません 

内容にはしっかりこだわって
ふたりらしい最高の挙式を挙げてくださいね(*^^*)♡

Sponsored Links

式場案内

式場探しに疲れた人必見!

憧れの結婚式をするために、式場探しに意気込んだまではよかったけど、

・自力で式場を探す時間と労力がない。。
・式場によってプランが違うので、自分の理想に合うプランを探すのが大変。。
・式場との直接交渉がうまくできるか不安。。

などの悩みはありませんか?

そんなあなたには完全無料で利用できるハナユメ(すぐ婚navi)がオススメです。

豊富な写真で探しやすく、割引プランも多いので、

・シンプル・ナチュラル・かわいいなどイメージで結婚式場を直感的に探せる!
・ハナユメは提携式場様より紹介料を頂いているから、すべて無料でご利用できる!
・ハナユメ定額ウエディングなら、料金は後払いでOKだから自己負担ゼロ!

ハナユメ割も適用すれば、
半年以内の挙式限定50%オフや平日や仏滅で大きな割引サービスがあるので、
安心してお任せできます


ハナユメ(すぐ婚navi)で理想の結婚式場を探す♪



\ あなたの声がサイトをもっと便利に!/

\ SNSでシェアしよう! /

ANOTHER WEDDINGの注目記事を受け取ろう

pexels-photo-27733-large

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ANOTHER WEDDINGの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

木村麻衣

木村麻衣

関西のホテルでウェディングプランナーとして勤務し、
結婚・妊娠を機に退職。
現在は専業主婦となり、子育て奮闘中の一児の母。

自身の結婚式も控えており、
元プランナー&現花嫁&新米ママ&主婦目線での
リアルなお役立ち情報を発信します♪.*