20.11.2 姉妹サイト『ナイトブラの教科書』をリリースしました♫
スポンサーリンク

バクチオールの口コミ!スキンケア配合美容液の効果について

『次世代型レチノール』として今話題のバクチオール。バクチオールはレチノールの機能類似体として同等の効果を期待できる上に、レチノールのデメリットとして挙げられる皮むけや顔の赤みといったダウンタイムや紫外線に対する弱さを克服できるという点が魅力的です。

しかしまだまだ巷では新しく注目され始めた成分ということで、バクチオールの実際の口コミや効果が気になりますよね。

▼この記事に書いていること

そこで今回は、美容に詳しい専門家たちの間で今最も注目される成分、バクチオールのSNSでの口コミや実際に使用してみて分かった効果、使用方法などについて詳しくご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

バクチオールの口コミ!おすすめポイントは?

引用元:WWDジャパン

 ①コラーゲンの生成を促しアンチエイジング効果に期待

バクチオールについては、ニューヨークの有名皮膚科医が「レチノールと同じように肌のコラーゲン生成を促し肌にハリを与え、シワなどのエイジングケア効果が期待できる」とイギリスメディアByrdieにコメントしています。

バクチオールは、第二のレチノールとしてその効果が類似していることが特徴です。主にシミや小ジワ、タルミやほうれい線、ハリの減少といった肌トラブルにその効果が注目されています。年齢による肌悩みに対して、その高いアンチエイジング効果に期待することができます。

さらにバクチオールに含まれる強い抗炎症作用や抗菌作用により、ニキビなどの肌荒れへの効果も認められています。また植物性抽出液に配合されるビタミンEの作用により、肌の保湿や修復効果にも期待ができます。

またバクチオールの特徴の一つとして、効果が徐々に表れるという点があります。レチノールの効果が肌への刺激というデメリットもある速攻型とすると、バクチオールの効果は積み上げ型です。続ければ続けるほどゆっくりと肌の土台が安定化し、より肌免疫力を高めることができます。

 

編集部・木村
編集部・木村

近年話題のレチノールに似た効果で、アンチエイジングやニキビ、肌荒れ、乾燥など様々な肌トラブルや悩みに効果が期待できます。

②レチノールの弱点を克服

バクチオールはレチノールの弱点である皮膚の炎症や刺激が少ないという特徴があります。肌の皮向けや赤み、痒み、ヒリつきといった皮膚への刺激が予想されるレチノールに対して、バクチオールはこうした炎症や刺激が少ないことからも注目を集めています。

海外の研究では、実際に一定期間レチノールとバクチオールそれぞれを使用しその後の変化を比べるという実験が行われました。その結果、バクチオールを使用した人はレチノール使用の人に比べ皮むけや赤み、痛みといった副作用が少なく、肌の変化への効果は同等だったことが報告されています。

もともとバクチオールは、マメ科の「オランダビユ」という植物の種子由来の成分からできています。こちらはインドの伝統医学、アーユルヴェーダでも使用されている成分の一つです。そのためバクチオールはレチノールが肌に合わなかったという方やレチノールの刺激に耐えきれなかったという敏感肌の方にもオススメの成分です。

さらにバクチオールは、レチノールの弱点である紫外線に対して不安定であるという点も克服しています。このため、レチノールとは異なり日中の使用も可能となっています。

 

編集部・木村
編集部・木村

ダウンタイムが気になってレチノールの使用に踏み出せなかった方や敏感肌の方も、バクチオールなら挑戦できそうですね!

 ③様々な消費者層が挑戦できる価格帯

バクチオールの価格帯については、バクチオールが現在ブームとなっているアメリカでもその価格は1,000円〜10.000円台までと様々です。

日本で販売されているバクチオール配合のクリームや美容液に関しても、その価格帯はバラバラになっています。そのためバクチオール初心者で気軽に試してみたい方から、高価格でもしっかりとその効果を実感したい方まで様々な消費者層にとって使用できるものになっています。

日本で現在SNSなどで人気のバクチオール配合の海外輸入品は、だいたい2,000円〜10,000円以上のものまで幅広くありました。

現在ではネット通販などの海外輸入品だけでなく、日本国内で生産されたバクチオール配合製品も注目を集めています。予想を上回る反響や需要に対し、一部生産が間に合わずまとめ買いを休止している商品もあります。

2020年以降、バクチオールは日本でもさらに注目を集め話題を呼ぶ成分になると予想されます。

バクチオールの口コミ!特徴とは?

バクチオールの口コミ・特徴まとめ

美容医療の先端、アメリカで現在ブームとなり海外でも注目を集めるスキンケア成分であるバクチオール。近年レチノールについては日本でも認知度が上がり始め、様々なSNSや美容の専門家たちの間で情報が発信されています。

バクチオールはこのレチノールに代わる第二のレチノールとして、現在最も期待される美容成分です。

コラーゲンの生成を促すことにより、肌のハリを向上させタルミや小ジワ、シワの改善を目指すことができる天然のシワケア成分です。

さらに抗菌作用によりニキビなどの肌荒れにも効果が期待でき、肌の免疫力をアップさせることができます。

また植物由来の成分からできているバクチオールは、レチノールに比べ皮膚への刺激や炎症といったダメージが少なく、敏感肌やレチノールのダウンタイムが気になる方にピッタリの成分です。

紫外線に対して不安定というレチノールのデメリットも克服し、夜だけでなく日中の使用も可能となっています。

バクチオール配合のクリームや美容液の価格は、1,000円前後〜10,000円代まで製品が揃っており初心者の方でも比較的に気軽に試すことができます。

▼以下にバクチオールの特徴をまとめます。

  • コラーゲンの生成を促すことにより、肌のハリを向上させタルミや小ジワ、シワの改善を目指す
  • レチノールと似た働きや効果に期待することができる
  • レチノールのダウンタイムといった弱点を克服した植物由来の成分で、敏感肌の方も使用できる
  • 積み上げ型の効果で肌への刺激が少なく、日中の使用も可能
  • 1,000円前後〜と比較的手を出しやすい価格の製品もある

 バクチオールの口コミ!悪い口コミや悪評

引用:美ST ONLINE

バクチオールの悪い口コミまとめ

バクチオールよりレチノール
SNSで人気だったので使ってみましたがあまり効果を感じず。バクチオールよりレチノールを使ったほうがいいです。
バクチオールの効果はレチノールの速攻型に比べ、ゆっくりと肌の土台から安定化させ徐々にその効果を実感する積み上げ型です。そのため肌の赤みや皮むけといったダウンタイムや刺激は抑えられていますが、その分効果も比較的マイルドです。
レチノールのようにとにかく短期間で一気に肌を生まれ変わらせたい方には、少し物足りないという口コミもありました。
バクチオール入りのスキンケアは高額な物が多いですが、買いやすい値段だったので購入してみました。 レチノール誘導体も入っているし良いですね。日中に使用していますが、特に刺激感なく使えています。 バクチオールに即効性は無いと思いますので、何本か使ってみないと効果は分からないかな〜と。朝はバクチオール、夜はレチノールという感じで使うと良いと思います。
こちらもバクチオールの即効性に関する悪い口コミです。やはり第二のレチノールということでその高い効果に対する期待値自体が高いようです。レチノールのようにすぐに目に見える肌の変化があるとイメージして使用すると、なかなか効果が出づらいと感じる方が多いようでした。
バクチオールは植物由来の成分で、肌へのダメージをより抑えながらアンチエイジングを目指すものです。ダメージによって一気に肌の変化を促すものではなく、あくまでも少ない負担で肌の変化を実感していく製品となります。
より即効性のある効果を求めている方はこの口コミにもあるように、バクチオールとレチノールを併用して使用することも一つの手です。
レチノールより安全なのでバクチオールにしました。 説明には特に記載はないですが、敏感肌は目の周りは避けた方が良いです。 肌に乗せると若干の刺激があります。 少し乾燥するかな?って感じました。
こちらはバクチオールの副作用に関する口コミです。敏感肌の方は稀に目の周りの皮膚が薄い部分などに、ヒリつきや痒みを感じる場合があります。バクチオールは植物由来の成分のため、中には成分が合わないこともあり得ます。
バクチオールに限らず敏感肌の方は特にパッチテストなどを行いあらかじめ少し試してみることで、自分に合う商品か合わない商品かどうかを判断することができます。

 バクチオールの口コミ!良い口コミや評判

 バクチオールの良い口コミまとめ

レチノールで皮むけしてしまう人におすすめです。
刺激がないのにハリがしっかりでます。朝夜使用していますが、皮むけしません。 これ一本だと保湿力が足りないため、クリーム併用がおすすめです。 レチノール系の美容液は皮むけしてしまうため苦手でしたが、こちらは優しい使い心地です。
引用元:i herb
バクチオールの良い口コミについては、その使用感やダウンタイムの少なさについて多く挙げられていました。レチノールを使用して赤みやヒリつき、皮むけといった肌への刺激や炎症が見られた方でも、バクチオールの場合はそういったダメージが抑えられています。そのためレチノールよりも優しい使用感でレチノールと同じような効果を実感することができます。
またレチノールは紫外線に対し不安定で、その刺激を強く受けてしまうことに対し、バクチオールは紫外線に対しても安定的なため、朝や日中の使用も可能となっているところが嬉しいポイントです。
普段の美容液やクリームと変わらず朝晩使用し、紫外線に対してそこまで過敏にならなくても良いことがバクチオールの特徴です。とはいえバクチオール使用中も将来のシミやシワなど老化の原因となる紫外線対策はいつも通りしっかりと行いましょう。
最初ベタつくかなと思いましたが時間が経つとサラサラになります。 これをつけてからニキビが出来にくくなりました。 あと翌朝のお肌がツルツルになっています。 シワへの効果は今の所分かりませんがハリは出て来ました。 バクチオールなのでレチノールと違って昼間も塗れるのが嬉しいです。
バクチオール成分の効果で、コラーゲンの生成が促されることにより翌朝の肌にハリやツヤ感が見られた、という口コミが多くありました。この効果は、バクチオールを使い続けることでさらに肌質の向上を感じることができます。
また成分に含まれる抗菌作用や抗炎症作用により、ニキビの改善にも効果が見られています。植物由来のナチュラルな成分で、肌質をゆっくりと改善し健やかで美しい肌へと導きます。
The LOCOSIM BKクリームをAmazonから買って使ってみた

ベタつかないし一週間で目元にハリが出た これリピ確定ですわ

もう少し安ければ全顔に塗りたくりたい
引用元:Twitter@momokoman7
バクチオールは肌のシワやハリ、タルミなどに特に大きな効果が期待される成分です。年齢によって気になる目元の小ジワなどにも、刺激の強いレチノールと違い使いやすい製品が多いようです。少しずつ肌にピーンとしたハリ感を実感できるようになることで、毎日のスキンケアも楽しくなりますね。
価格は製品により様々ですが、まずは比較的価格の安い商品から試してみるのもオススメです。
バクチス使用3日目。 エンビロン(C-クエンス4プラス+クリームプラス)と併用。 「あれ?何か違う」感がすでにあり。 ビタミンAとバクチオールは最強なのでは…? 2,3本使用した後評価したいと思います。これは期待大!!#バクチオール#バクチス #エンビロン#Aケア
引用元:Twitter@4pianak
こちらの方はビタミンAのスキンケア、エンビロンとの併用使用をされているようです。即効性のあるビタミンAスキンケアと、積み上げ型でゆっくりと肌の土台から肌を整えるバクチオールを併用することにより、さらなる肌免疫力の向上や肌質の変化を感じることができるようです。
その他のスキンケアとの併用が難しいとされているエンビロンやゼオスキンといったビタミンA配合のスキンケア商品に対し、バクチオールは天然成分のため様々なスキンケアと組み合わせて併用して使うことができます。

バクチオールの口コミ!ブログやSNSをチェック

引用元:Instagram@pokopokoandpoko

バクチオールは植物由来の成分として、肌への刺激や負担の少なさとレチノールに似た高いアンチエイジング効果が期待できる製品です。レチノールは残念ながら肌に合わず使用を続けられなかった方でも安心して挑戦することができます。

欧米人と違い、繊細な日本人の肌に合わせて作られた日本発のバクチオール配合スキンケアも現在は様々な会社から発売されています。年齢による肌悩みは避けられないものですが、バクチオールを使用しながら優しく肌質の向上を目指していきたいですね。

引用元:Instagram@runatama3

こちらの商品は日本国内で生産された日本発のバクチオール商品です。現在SNSなどでよく見かける話題のスキンケア商品となっています。こちらは美容液ですが保湿力が高く、化粧水いらずでスキンケアできるとの口コミもありました。

レチノールの場合は使用後にA反応による乾燥感などが気になった方も、バクチオールの場合はこのように保湿ケアまでできるアイテムが販売されています。乾燥肌の方もぜひ挑戦してみてください。

 バクチオールの 口コミ!感想やレビューは?

引用元:アメブロ

バクチオールの副作用は?

ここからは実際にバクチオールを使用した感想についてご紹介していきたいと思います。私自身バクチオール使用前は、レチノールを使用していた経験があります。

しかし今回レチノールのようなダウンタイムや副作用といった症状が少なく、レチノールと同様の効果が期待できるという海外で話題のバクチオール成分を知り、個人的にとても気になっていました。

まずバクチオールの副作用についてですが、こちらはバクチオールの特徴でもある通りレチノールに比べ非常にマイルドです。

私自身はレチノールを以前使用していたこともあり、レチノールを使用していたときは、少し肌のヒリつきや乾燥感がありましたが、やはりバクチオールはそれに比べて刺激が少ないように感じました。個人的にバクチオールに関してはほとんど皮むけや痛み、赤みといった副作用というものはありませんでした。

私は美容液タイプのバクチオールを現在使用していますが、通常の美容液と変わらず毎日朝晩使用しています。レチノールは紫外線に弱いため、絶対に朝や外出前には使わないように気を使っていましたが、バクチオールはそういった心配がないので使いやすいです。

人によっては乾燥や赤みといったレチノールのA反応に似た副作用を感じる方もいるようなので、超敏感肌の方は徐々に肌を慣らしていくこともオススメです。

 バクチオールの効果は?

バクチオールの効果について、やはりレチノールに比べその即効性についてはすぐに肌の変化が出るというものではないように感じます。しかしまずは1ヶ月〜しっかりと使い続けることでゆっくりと確実に肌の免疫力が上がり、ニキビが出来づらくなったり肌の小ジワが改善され、ハリ感がアップしたように感じます。

また個人的に笑った際にできる目尻の小ジワが改善されたことが一番嬉しく感じました。乾燥が気になるこれからの時期に向けて、今後も毎日コツコツとバクチオールで肌の保湿力や抵抗力を上げていきたいと思います。

現在はレーザーなどダメージを与え一気に肌を変化させるスキンケアよりも、ナチュラル志向やオーガニック志向で負担をかけずにより綺麗な肌を目指すスキンケアが海外では人気を集めています。

日本もこの流れに乗って、徐々にこうした肌に優しいサステナブルなスキンケアが主流になってくる日も近いかもしれません。

バクチオールの口コミ!感想やレビューまとめ

副作用やダウンタイムが少ない第二のレチノールとして、ずっと気になっていたバクチオール。実際に使用してみた感想は、レチノールよりも肌への負担や刺激が少なく、それでいてしっかりと効果も実感できるイイとこ取りの素晴らしい成分でした。

効果の即効性はレチノールには劣りますが、徐々に肌の土台が強くなっていくことを感じられる製品です。肌のハリや小ジワ、タルミだけでなくニキビや肌荒れにも効果的で、徐々に肌全体がふっくらツヤツヤになっていくことを感じました。

現在は海外からの輸入製品だけでなく、日本国内で生産された安心のバクチオール配合スキンケア商品も徐々に増えてきています。今後はさらに海外のバクチオールブームに後押しされ、日本での注目や人気も高まっていくと予想されている成分です。

 バクチオールの口コミ!バクチオールの効果はどう?

引用元:WWD Japan

バクチオールの効果について

バクチオールの効果について論文にて、筋肉、しわ、色素沈着、弾力性、こわばり、皮膚の光損傷をバクチオールは大幅に軽減したとの報告がなされています。そのためシワやシミ、タルミやほうれい線など様々な年齢による肌トラブルに効果が期待ができます。

またニキビに関して、サリチル酸や過酸化ベンゾイルとの互換性がバクチオールにはあるとの論文も発表されています。このため抗酸化、抗炎症、抗菌作用の観点からもニキビに対しても非常に有用な成分であることがわかります。

光や加水分解にも強く日中での使用も可能のため、レチノールや一般的なニキビ治療薬に比べても使いやすい成分となっています。

▼以下にバクチオールの効果についてまとめます。

      • 肌のハリ感がアップし、ツヤが出る
      • ニキビや肌荒れの改善
      • 小ジワやシワ、タルミなどの改善
      • くすみがなくなり全体的に肌が明るくトーンアップする
      • 肌全体の免疫力の向上

エイジングケアが気になる年齢肌のお悩みや皮脂が活発な若い世代の肌悩みにも、様々な年齢層の肌トラブルを改善し肌質を向上させる効果が期待できる成分です。

 バクチオールの口コミ!バクチオールの使い方について

引用元:エキサイト

バクチオールの使い方まとめ

バクチオールの使い方は、使用する商品やスキンケアによって変わってきます。しかし一般的にはクリームや美容液にバクチオールが配合されていることが多いため、通常のスキンケア同様にスキンケアの仕上げや化粧水後などに使用することが多いです。

また紫外線に弱く朝や日中の使用ができないレチノールと異なり、バクチオールは外出前の使用ができます。そのため一般的なものと同じく朝晩の洗顔後の使用が可能となっています。

植物由来の成分のため副作用が少ない点が特徴であるものの、最初はパッチテストを行ったり徐々に肌を慣らしてから使用したりするなど、特に敏感肌の方は工夫して使い始めることをオススメします。

 バクチオールの口コミ!バクチオールに副作用はある?

引用元:bakuchisu.com

 バクチオールの副作用について

バクチオールの特徴について、レチノールに比べ皮むけや痛み、赤みなどの副作用が少ないことが挙げられます。これについては研究結果で既に証明されていて、光老化が見られる方々に対し行われた実験ではシワの面積や色素沈着の減少についてはバクチオールはレチノール同等の効果が見られました。

そして皮むけや痛みといった副作用は、レチノールを使用した被験者の方がより多く見られました。このことから、レチノールよりも少ない副作用で、レチノールに似た肌への高い効果があることがわかりました。

植物由来の成分のため、ごく稀に接触性皮膚炎を起こすケースはあったようですが、全体的にレチノールと比較しその副作用は極めて少ないです。インドでももともと伝統的に行われていた医学の一つ、アーユルヴェーダでもバクチオールは使用されています。

▼バクチオールとレチノールそれぞれの違いや比較については、こちらの動画も分かりやすいのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

バクチオールの口コミ!バクチオールの料金は?

バクチオールの料金について

バクチオールの料金については、その製品やブランドによって様々です。バクチオール配合スキンケア商品が多く発売されているアメリカでも、1,000円台〜10,000円以上の商品まで幅広く価格設定がされています。

日本からの個人輸入ができる人気のバクチオール商品も、だいたい数千円くらいで販売されているものが多いです。最近では日本国内で生産された日本ブランドのバクチオール商品も注目を集めていますが、こちらもだいたい数千円程度から購入可能となっています。

バクチオールの口コミ!よくある質問やQ&A

バクチオールとはマメ科の植物由来の成分。
インドの伝統医学アーユルヴェーダで使用されている。
近年その高いアンチエイジング効果から注目を集める成分。
ダウンタイムはある?植物由来の成分のため、レチノールに比べ赤みや痒み、
ヒリつきといったダウンタイムが少なく肌に優しい。
レチノール効果との類似点や相違点は?研究によりレチノールと同等の抗シミ、
抗シワ、ハリや色素沈着などへの効果が証明されている。
さらに強い抗菌作用や抗炎症作用、抗酸化作用があることも特徴。
使用上の注意点は?レチノールと異なり、朝や日中などの外出前の使用も可能。
ごく稀に植物成分により接触性皮膚炎を起こすケースあり。

バクチオールの会社/ワールドジャパン株式会社の会社概要

こちらはバクチオール配合のメイドインジャパン製品であるBATCHISU(バクチス)を販売する会社の情報です。公式HPでは送料無料の定期コースなども取り扱っています。

会社名ワールドジャパン株式会社
代表者代表取締役 大畑 慶高
所在地《本社》
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2丁目17番地6号
電話番号TEL:0120-663-671 FAX:045-620-6663
Eメールinfo@bakuchis.net

 バクチオールの口コミまとめ

第二のレチノールとして、そのダウンタイムや肌への刺激が少ないことから話題のバクチオール。現在海外では最先端のスキンケアのトレンドとなっていて、日本でも徐々にその成分が注目を集めています。植物由来のバクチオール成分は肌にも優しく、ナチュラル志向の方や敏感肌でレチノールの使用ができなかった方にもオススメです。

  • コラーゲンの生成を促し、シワやシミ、タルミ、ほうれい線の改善や肌のハリ感向上に効果がある
  • 強い抗炎症作用や抗酸化作用、抗菌作用により皮脂をコントロールし、ニキビや肌荒れにも効果がある
  • 植物由来の成分のため、副作用が少なく敏感肌でも使えるスキンケア
  • レチノールの弱点である紫外線への弱さやダウンタイムを克服
  • 価格は1,000円前後〜10,000円以上まで様々

現在海外では最先端のスキンケアのトレンドとしてバクチオールが広まっている。今後日本でも人気が出ると注目される期待の成分。

こちらが今回の記事のまとめになります。美容に詳しい専門家やSNSのインフルエンサーたちがこぞって注目している新たなスキンケアのトレンド、バクチオール。敏感肌の方にもぜひ挑戦してほしい製品です。

スポンサーリンク

美容
伊藤 ケイ

現在航空会社の国際線CAとして勤務しております。美容や旅行、美味しいグルメが大好きです。

職業柄、美容アンテナの高い人々に日々囲まれていることもあり、海外コスメやスキンケア商品、美容医療など常にリサーチし模索中です。

もともと思春期に肌が荒れやすかった経験から、綺麗になることによって自信がついて、内面も明るくポジティブなものへと変化することに美容の魅力を感じました。

また子供の頃から文章を書くことが好きで、今後は文章を通して誰かの役に立っていきたいと考えています。私自身の経験や成功・失敗談なども踏まえながら、皆様にとって有益な情報をお届けできるようライターとして頑張ります!

伊藤 ケイをフォローする
新着記事を受け取ろう♪

結婚式の専門サイト『ANOTHER WEDDING』

コメント・質問はこちらから♪

    タイトルとURLをコピーしました