ANOTHER WEDDING~RING~のInstagramアカウントがリリース♪

結婚式のご祝儀金額!部下や恩師など相手別で総まとめ!【完全保存版】

ご祝儀の金額

結婚式に招待された時、必要になるのがご祝儀です。

一般的には結婚式のご祝儀金額は3万円が基本ですが、新郎新婦との関係性や年齢、身内のルールなど、条件によって金額の相場は大きく変わります

何も考えずに非常識な金額のご祝儀を渡してしまって、関係が悪くなってしまう・・ということも有り得るので慎重に考えたいですよね。

そんなちょっと不安の残るご祝儀金額の相場について、様々なケース別に徹底的にまとめました。

ご祝儀金額相場のすべてを網羅した完全保存版ですのでぜひお役立てください。

スポンサーリンク

【家族・ゲスト・ケース別】ご祝儀一覧表

ご祝儀をまとめて一覧表にしてみました、自分に当てはまる項目をチェックしてみましょう。

家族・親族

項目ご祝儀相場
両親30〜100万円
兄弟(未婚)両親と合併
兄弟(既婚)5〜10万円
いとこ(未婚)3万円
いとこ(既婚)3〜8万円
叔父・叔母5〜10万円
祖父・祖母5〜10万円

ゲスト

項目ご祝儀相場
友人2〜3万円
主賓5〜8万円
同僚・先輩・後輩3万円
上司5〜8万円
社長5〜10万円
取引先3〜5万円
先輩・後輩(学生時代)3万円
恩師5万円
学生2万円
年代別(10〜50代以降)2〜3万円
夫婦5万円
4人家族(子供連れ)5〜10万円

ケース別

項目ご祝儀相場
二次会のみ会費のみ
パーティー(1.5次会)会費(+ご祝儀)
欠席する1万円
披露宴なし1万円
遠方から参加同金額or1〜3万円
海外ウェディング同金額・ご祝儀辞退or1〜3万円
再婚同金額

関係性・相手別!ご祝儀金額相場まとめ

ここでは新郎新婦と招待された側との関係性によるご祝儀金額の相場を、相手別にご紹介していきます。

友人のご祝儀

ご祝儀相場:2〜3万円

友達の結婚式のご祝儀は2~3万円が一般的。

大前提としては3万円が基本ですが、招待された側がまだ学生や新社会人でどう考えてもお金がない時期だとわかるような状況であれば2万円でも問題はありません。

ただ、もし自分の結婚式が先に済んでいて、その時に3万円をいただいている場合は、同じように3万円を包むのがマナーです。

新郎新婦とゲストお互いの年齢に関係なく、友人同士であれば3万円でOKです◎

兄弟のご祝儀

兄弟姉妹の結婚式でのご祝儀は、そもそも渡すのか・渡さないのか?がポイントとなります。

簡単なルールとしては、招待された兄弟が未婚・既婚どちらなのかで決める方法です。

未婚の兄弟の場合

ご祝儀は両親分と合同でOK

例えば、独身の兄弟はまだ両親と同じく「実家の家族のメンバーの一人」になります。

招待状が「両親+未婚の兄弟」の連名で届いている場合は、ご祝儀も両親と同じにまとめてもOKという考えになります。

ただ、何もなしというのも寂しいので、別途プレゼントを渡すケースは多いようです。

既婚の兄弟の場合

ご祝儀相場
一人:5~7万円程度

夫婦:7~10万円程度

もし先に結婚している既婚の兄弟の場合は、「実家とは別の一世帯」として結婚後の家族を招待されるケースが多くなります。

この場合は引出物も別で用意されているので、ご祝儀を渡す必要があります

仮に先に結婚している兄弟が一人で招待された場合は5~7万円程度、夫婦で招待されたら7~10万円程度、子供も含めて家族全員で招待された場合は10万円程度がご祝儀金額の目安です。

また、未婚・既婚に関わらず、事前に兄弟で相談しあってご祝儀をお互いなしにするというケースもあります。

こういった話しを包み隠さず相談しあえるのも、兄弟ならではの良さですね。

両親のご祝儀(親→息子・娘)

ご祝儀相場:30万円~100万円

新郎新婦の両家両親が結婚式に参加する際、式場の受付で親がご祝儀を渡すという事は一般的にはありません

それは、例えば結婚祝い・結婚支度金・結納金や結婚式の金銭援助など名称は様々ですが、「結婚式のご祝儀」よりも広い意味で事前に渡すケースが多いからです。

この場合の金額は、各家庭の経済状況や考え方、地域の習慣、お金の名目によってかなり大きく変わってきます。

例えば、お金持ちの家庭であっても、あえて「結婚はふたりのこと」と一銭も渡さないケース、逆に「相手の家に知れたら子供が恥ずかしい思いをするから」と借金してまでお金を工面するケースもあると聞きます。

あえて相場を範囲設定するとすれば、30万円~100万円くらいが一般的でしょう。

ただ、両家それぞれからの金銭のやりとりは、両家間に亀裂を生む可能性も含んでいます。

新郎新婦がうまく間に入って、きちんと話し合いをした上で、両家の意見をまとめて誘導することが重要です。

親族のご祝儀(いとこ/叔父叔母→甥姪/祖父祖母→孫)

親族関係は、新郎新婦との関係性で金額が大きく変わり、親しければ親しい分だけ金額も多く包む傾向にあります。

また、親族間ルールが存在する場合も多く、かけ離れた金額を包んで和を乱してしまうと反感をかってしまうので、親しい親族同士で相談し合ったり、過去の結婚式のケースを確認することをおすすめします。

未婚のいとこの場合

ご祝儀相場:3万円

いとこ(従兄弟・従姉妹)の立場の場合は、未婚・既婚によってご祝儀が変わってきます。

兄弟の場合と同じように、未婚のいとこが叔父・叔母と一緒に家族で出席する場合は、
そのひとくくりが一世帯とカウントされるのでご祝儀は叔父・叔母と一緒で問題ありません。

ただし、招待状が叔父・叔母とは別に、いとこ個人宛に届いた場合は、個人的に招待されているということですので、叔父・叔母とは別で個人名で3万円のご祝儀を用意すると良いでしょう。

既婚のいとこの場合

ご祝儀相場
一人:3〜5万円

夫婦:5〜8万円

既婚のいとこの場合は、叔父・叔母とは別世帯として招待されることになるので、ご祝儀も別途準備が必要です。

既婚のいとこのご祝儀相場は、一人で出席する場合は3~5万円、夫婦で出席する場合は5~8万円程度です。

叔父・叔母(伯父・伯母)の場合

ご祝儀相場
一人:5〜10万円

夫婦:8〜10万円

親の兄弟の叔父・叔母(伯父・伯母)の場合、どちらか一人で出席なら5~10万円、夫婦二人で出席なら8~10万円がベター。

子供(新郎新婦のいとこ)も一緒のご祝儀として包む場合は、親=ひとり5万円、子供=ひとり3万円程度を人数分合算した金額を目安にして、偶数や縁起の悪い数字にならないようキリ良く調整してください。

祖父・祖母の場合

ご祝儀相場
一人:5〜10万円

夫婦:8〜10万円

経済状況にもよりますが、祖父・祖母から孫である新郎新婦へのご祝儀は、どちらか一人での出席なら
5万円~10万円程度が常識の範囲内。

祖父母二人で出席の場合は8~10万円がのぞましい金額でしょう。

同僚・先輩・後輩のご祝儀

ご祝儀相場:3万円

会社の同僚・先輩・後輩や部下の場合、友人と同じように3万円で問題ありません。

上司のご祝儀

ご祝儀相場:5〜8万円

招待された人が部長など役職のついた上司で、部下である新郎新婦と近い関係の場合は、3万円でも問題はありませんが、5~8万円程度を入れておけばスマートです。

社長のご祝儀

ご祝儀相場:5〜10万円

会社社長の場合は、会社の規模や従業員である新郎新婦との関係性によっても違うでしょう。

例えば社長と従業員が毎日顔をあわせるような小さな規模の会社の中の一人の結婚であれば、
5~10万円は包みたいところです。

逆に規模が大きく、新郎新婦ともほぼ面識がないけれど形式上招待されたということであれば、5万円が一般的です。

3万円でも良いのですが、大きな会社の社長が3万円となると、少し寂しく感じてしまいます。

取引先のご祝儀

ご祝儀相場:3〜5万円

取引先の関係で招待された場合、あまり多く包みすぎる必要はありませんが、20~30代で3万円40代以降であれば3~5万円が一般的です。

先輩・後輩のご祝儀

ご祝儀相場:3万円

学生時代の先輩・後輩の結婚式に出席する場合、年上・年下や関係性は気にせず、通常の友人と同じように3万円が基本の金額になります。

招待された後輩が学生や新社会人の場合は2万円でも問題ありませんが、できれば3万円包んでおくのがベター。

恩師のご祝儀

ご祝儀相場:5万円

元教え子である新郎新婦から「恩師」として招待された場合、ご祝儀が3万円では少し寂しい印象を受けるため、5万円がちょうど良いと言われています。

ただ、その立場上たくさんの披露宴に次々と出席しなければならないという場合、金銭的に厳しいようであれば3万円でも常識の範囲としては大丈夫です。

年代や家族構成でもご祝儀金額が変わる?

新郎新婦との関係性別のご祝儀金額の目安を紹介してきましたが、その中でも立場や内容によってはイレギュラーがある場合もあります。

ここでは設定金額の考え方をケース別にご紹介します。

主賓のご祝儀

ご祝儀相場:5〜8万円

新郎新婦の上司の場合、主賓として招待されて一番上座の席を用意されたり、挨拶をしたりという場合も多くあります。

結婚式でもっとも格式あるポジションの主賓には、新郎新婦が引出物のランクを上げたり、様々な配慮をするケースも多いため、それを見越して少し多めのご祝儀を用意しておいた方が良いでしょう。

主賓でない上司であれば3万円でも問題はありませんが、主賓の場合は5~8万円は包みたいところですね。

年代別のご祝儀(10代・20代・30代・40代・50代以降)

ご祝儀相場:2〜3万円

友人の結婚式の場合、基本的にはお互い年齢が上がっても3万円で問題ありません。

ただ、親戚関係や会社関係など新郎新婦と大きく年齢や立場に差がある場合は、年齢や役職が上がるにつれて少し多めに包むのがスマートです。

また、10代の学生や20代でも社会人になりたての新社会人の年齢なら、2万円のご祝儀が許される年代とされています。

学生のご祝儀

ご祝儀相場:2万円

上でも少し触れましたが、若い新郎新婦の友人の場合は10代の学生や20代でも社会人になりたての年齢のゲストも少なくありません。

誰が見ても、自分で自由に使えるお金をたくさんもっているわけではない状況なので、ご祝儀は最低2万円でも許される年齢です。

ただし、お金がないからと言って、結婚式に出席するのに1万円のご祝儀や、友達同士何人かで出し合っての連名失礼にあたるのでNGです。

「1万円しか払えないけれど、祝福はしたい」という場合は、いっそ結婚式には欠席して1万円のお祝いを渡す方がスマートです。

また、自分の結婚式の時は相手が学生だったから2万円のご祝儀だったけれど、数年後お互い社会人になって招待された・・・という場合、同じ額でも問題ありませんが、社会人の相場の3万円包む方が無難です。

夫婦のご祝儀

ご祝儀相場:5万円

夫婦で結婚式に招待された場合、一人ずつ単独でご祝儀を包むのではなく、夫婦二人分をまとめて渡します。

ご祝儀相場は二人で5万円が基本です。

ご祝儀金額の平均はひとり3万円ですが、二人で6万円になると割り切れる偶数となり縁起が悪くなってしまうため、引出物は夫婦でひとつという事も踏まえて5万円が一般的な金額です。

5万円ではすこし少ないと感じるような親しい関係性の場合は、7~8万円のご祝儀か、プレゼントを別で用意する方法もあります。

4人家族のご祝儀

ご祝儀相場:5万円〜10万円

夫婦で出席の場合は二人で5万円が相場ですが、子供も含めて家族3人以上の場合は違います。

目安としては、子供にどんな料理が用意されているのかが大きなポイントとなります。

料理を食べられないような赤ちゃんであれば夫婦二人扱いでご祝儀の追加なし、子供用プレートなどの場合は+5千円程度、大人と同じ料理が出される年齢であれば+1万円程度を追加したいところです。

また、立場的には夫婦の子供でも、大学生や社会人など成人以上の子供であれば+2~3万円を追加しておいた方が良いでしょう。

ただ、これらの計算方法で5千円の半端や偶数になるようであれば、5万・7万・8万・10万のいずれかで近い金額を包むようにするとスマートです。

こんな場合は?ケース別のご祝儀金額の考え方

関係性や立場による金額の違い以外にも、結婚式自体の形式によっての考え方も様々な違いがあります。

ここでは結婚式のスタイル別のご祝儀金額の考え方をご紹介します。

二次会のみのご祝儀

ご祝儀相場:指定の会費のみ

二次会だけに招待されている場合、実際にかかる経費を会費という形で支払う形になります。

新郎新婦としては、会費の金額を指定する代わりに、それ以外のご祝儀は無いという前提で進めているので、会費以外のお金を渡す必要はありません

ただ、自分の結婚式に先に来てもらっていてご祝儀を3万円もらっているなどの事情がある場合は、当日の二次会受付の際ではなく、前後の別のタイミングで渡すようにしましょう。

パーティー(1.5次会)のご祝儀

ご祝儀相場:会費(+ご祝儀)

1.5次会の場合、ご祝儀の考え方は2パターン考えられます。

例えば、ほぼ二次会に近いようなビュッフェスタイルのカジュアルなパーティの場合は、招待された時点で会費を設定されている場合が多くあります。

また、ホテルや式場での着席フルコースや引出物が用意されているような場合は名前が「1.5次会」と付けられているだけで実際は通常の披露宴と違いがないので、きちんとしたご祝儀金額を用意しましょう。

1.5次会という形式は、新郎新婦や会場で様々な捉え方があると覚えておいてください。

欠席する場合のご祝儀

ご祝儀相場:1万円

結婚式に招待されたけれど参加ができないという場合、欠席でもお祝いの気持ちとしてご祝儀だけ渡すのはマナーのひとつです。

招待された時点で結婚式に参加できない旨を伝えた場合の相場は1万円、または何かお祝いのプレゼントを渡すのも良いでしょう。

ただ、出席すると言っていたのにギリギリでキャンセルする場合は、お料理や引出物が既に手配されている場合もあるので、実際に参加したとしての金額を渡した方がトラブルにはなりません。

また、自分の結婚式には出席してもらっていて3万円のご祝儀を受け取ったけれど、事情で今回相手の結婚式を欠席という場合、本来は1万円のご祝儀で問題ありませんが、人によっては「私は3万円払ったのに!」と気分を悪くする人もいます。

相手の性格や考え方を見極めて、ご祝儀の金額を決めるようにしてください。

披露宴なしのご祝儀

ご祝儀相場:1万円

披露宴はしないけれど挙式だけを挙げるというケースもよくあります。

挙式のみの結婚式に招待される場合、一般的には新郎新婦から「ご祝儀辞退」のお知らせがあることが多く、「料理や引出物はないけれど、ご祝儀もいらないから、良ければ見に来てね」というニュアンスでの招待なら、ご祝儀は不要です。

ただ、何も案内がない場合、ご祝儀の有無は当日になってみなければわからないので、ご祝儀は一応持参しておいた方が無難です。

挙式のみのご祝儀金額の相場は1万円です。

また、ご祝儀辞退の案内がある場合でも何かお祝いをしたいという場合は、1万円程度のご祝儀かプレゼントが良いでしょう。

遠方から参加のご祝儀

ご祝儀相場:同金額 or 1〜3万円

遠方から結婚式に出席する場合、多くの場合は多少の交通費や宿泊代の一部は新郎新婦が負担してくれます。

その場合は通常のご祝儀金額を包みましょう。

また、「交通費が自己負担でもよければ」と先に言われていて、それでもかまわないと納得した上で結婚式に参加する場合も、相場の金額を包むようにしてください。

色々な出費が厳しいけれど参加はしたい、ということであれば2万円でも非常識というわけではありませんが、20代後半以降で社会人であればなにも言わずに3万円包むのがスマートでしょう。

「そんなに仲良くないけれど、自分の結婚式に来てもらっているのでやむをえず出席する」場合は2万円か、出席はお断りして1万円をお祝いとして別途で渡してもいいでしょう。

海外ウェディングのご祝儀

ご祝儀相場
旅費負担あり:同金額or3万円
旅費自費:ご祝儀辞退or1万円

海外ウェディングに出席する場合、ご祝儀の有無を見極めるポイントは旅費をどちらが負担するかということです。

例えば、新郎新婦が旅費を全額負担で招待された場合は、相場の金額を渡すようにしましょう。挙式のみの場合、通常相場の1万円ではなく新郎新婦の旅費負担のことを考慮して、3万円を包みたいところです。

逆に、「旅費は自費で参加」という場合は、参列すること自体がお祝いと考えてご祝儀辞退の申し出がある場合もあります。

自費参加でご祝儀辞退の申し出もない場合、挙式のみであれば1万円のご祝儀を用意した方が良いでしょう。

旅費の負担が大変なようであれば、欠席することもひとつの選択です。

海外ウェディングの場合は、新郎新婦も全員が来てもらえるとは思っていないことが多いので、欠席も一般的な対応です。

欠席の場合、別途お祝い1万円やプレゼントなど、フォローを忘れないようにしましょう。

再婚のご祝儀

ご祝儀相場:通常と同金額

新郎新婦どちらかが再婚で一度目の結婚式にも招待されていた場合、二度目も同じご祝儀金額を出すべきなのかすこし躊躇してしまいます。

どちらかが再婚でも、相手が初婚であれば初めての結婚式と変わりなく進めるのが大人としての暗黙のルールでしょう。

ただ、新郎新婦側も気をつかってご祝儀辞退や、会費制のパーティにする場合も多いようです。

「2回目なんて迷惑だな」と思う程度の関係性で、初婚と同じご祝儀を渡すことに抵抗があるのであればいっそ欠席も選択肢のひとつです。

また、「二度目の結婚でもよかったね」と祝福したい相手であれば、気持ちよく初婚と同じ祝儀金額を包みましょう。

結婚式のご祝儀相場!金額別の基本的なマナーとは?

日本の結婚式は何かと縁起にこだわりがちです。

ご祝儀の金額にも様々な言われがあり、例えば4や9という数字は「死」や「苦」を連想させるのでNGだったり、偶数は割り切れる数字ということから「夫婦が割れてしまう」と言われタブーとされています。

ここでは金額別のご祝儀マナーをご紹介します。

一万円のご祝儀ってあり?どんなケース?

ご祝儀の相場は2~3万円からとされていることが多いですが、1万円をご祝儀として渡すケースはあるのでしょうか?

「結婚式に来てくれるだけでありがたい」「ご祝儀はあてにしていない」・・・という新郎新婦の声を期待したいところですが、やはり結婚式のご祝儀が1万円というのは非常識と捉えられてしまいがちです。

なぜなら、新郎新婦が用意している料理や引出物代にも満たない金額で、お祝いの金額が含まれていないからです。

1万円しか払えない・払いたくない場合は、いっそ欠席して「お祝いだけでも渡させて」という形にしたほうがスマートでしょう。

2万円のご祝儀はどんな風に入れる?

学生や新社会人が2万円のご祝儀を包む場合、ご祝儀袋の中に一万円札が2枚というのは割り切れる数なのでNGなのでしょうか?

実は最近、「偶数だからダメ」と一概に考えず、2=「夫婦」「ペア」という考え方で、2万円を包むことも増えてきました。

ただ、「偶数は縁起が悪い」と思うのか、「2はペアだから良い」と思うのかは、新郎新婦によって考え方が違います。

相手の性格や普段からの考え方、結婚式の日取り(大安などの六輝)から見極めるようにしましょう。

「偶数は縁起が悪い」と思うタイプの新郎新婦に2万円のご祝儀を渡す場合は、1万円札×1枚と5千円札×2枚の合計3枚で2万円に合わせると、解決できます。

7万円と8万円ならどっちが正解?

5万円だと少ないし、10万円だと多すぎるしという場合、7万円か8万円のどちらかが中間の金額になります。

7万円なら偶数だしラッキーセブン、8万円の8は漢字の「八」が末広がりで幸せが広がるという意味にも繋がるので偶数でも良いとされています。

結論から言えば、どちらでも大丈夫なのです。

例えば一人での出席でとてもかわいがっている部下や後輩という場合なら7万円で十分ですし、夫婦でお世話になっている人の披露宴に夫婦ふたりで出席の場合も7万円でOK。

家族で出席する場合や、10万円払うべきところだけどそんなに近い関係ではない・・・という場合は8万円がベターでしょう。

10万円のご祝儀の注意点とは?

10万円も偶数ですが、キリの良い10万円の場合は問題ありません。

9万円+5千円2枚にするべきか?という論争もありますが、一般的には10万円であればすべて一万円札でOK◎

また、3万円の場合と違って、ご祝儀袋自体をすこし豪華なものを選んだり、中袋の金額の後に「也」をつけたり、封をする必要があるので注意してください。

まとめ

今回は色々なパターンのご祝儀金額の相場をまとめてみましたが、いかがでしたか?

結婚式は新郎新婦にとって節目になるとても幸せな一日ですが、実はご祝儀をめぐるトラブルも少なくないものです。

せっかくの好意も、違った捉えられ方をされて、結婚式を境にモヤモヤが残ったり確執が生まれてしまっては悲しいですよね。。

お祝いやご祝儀をわたす際は、「ネットや雑誌に書いていたから」ではなく、「なぜそうなのか」をしっかり知って、意図や理由をもって渡すようにしましょう。

そうすれば今後もきっとお互いに気持ち良い関係を続けられるはずですよ♪

ご祝儀の金額が決まったら、ご祝儀袋の書き方についても確認しておきましょう。

⇒結婚式のご祝儀袋の書き方!中袋についても【完全版】

意外と知らない中袋の書き方や包み方についても、詳しくまとめた完全版です。

式場探しに疲れた方必見!

いざ結婚式場を探そうと
雑誌を買って調べ始めたけど、

・式場が多すぎて選ぶ基準がわからない
・仕事が忙しくゆっくり探す余裕がない
・見積り額が高く貯金が足らなくなりそう

などの悩みはありませんか?
そんなあなたには無料で式場探しができる
ハナユメがおすすめ
です。

ハナユメが人気の理由は、

・WEBの画像がインスタ風で見やすい
・式場の見積り額がWEBでチェックできる
・相談デスクの満足度オリコンNo.1
・前撮り・フォトなどプランが豊富
・リゾート・海外も対応

またハナユメは、
大幅な割引が魅力の『ハナユメ割』があるので、

予算・貯金が少なくても希望の式場を選べます♪

※今なら当サイトからの無料申込&式場成約で、
商品券55,000円が貰えるキャンペーン実施中♪

結婚式場が多すぎて選べない...という方は必見!

式場探しの最初の一歩は、
結婚式相談所を選ぶことからはじまります。
でもサービスが多すぎて違いがわからない・・・

・どんな結婚式に特化してるの?
・店舗数や掲載式場はどこ?
・高額特典や大幅割引があるのは?

など、ブライダルカウンター選びの
気になるポイントを徹底的に調査した
総合ランキングを発表します♬

一番人気のおすすめカウンターは・・・?

スポンサーリンク
ゲスト

関西のホテルウェディングでチーフプランナーとして3年間勤務。

式場見学に来られたお客様へのご案内やプランの提案、契約までの営業をメインに、
結婚式の準備から当日までをお手伝いするプランナー業務、ブライダルフェアの企画や実行の担当、雑誌やウェブなど多方面への広告に関する業務など、様々な角度から幅広くブライダルに携わる。

自身の結婚式で新婦の気持ちを実際に経験し、お客さんの本音での悩みや不安を目の当たりにしたことから、結婚式は「不安で心配で、大変なもの」ではなく、「感動的で幸せな人生で最高のイベント」ということを伝えるために現在はライター兼編集部として活躍中。

木村麻衣をフォローする

新着記事を受け取ろう♪

結婚式の専門サイト『ANOTHER WEDDING』

コメント・質問はこちらから♪

  • ケース別
  • 年代別
  • 関係性別
  • 相場一覧表
    結婚式ご祝儀金額相場
タイトルとURLをコピーしました