スポンサーリンク

親が再婚の場合に結婚式に出席してもらうのはどっち?

親が離婚してお互い離れて暮らしているけど、
両親を自分の結婚式に呼びたい!

両親が離婚している人は、そんな悩みを抱えることがありますよね。

親権をどちらが持っているのか
また、一緒に暮らしてきたのはどちらなのか
そして、両親の今現在の状況によっても考え方が変わる
非常にデリケートな問題だと思います。

ただ、一生に一度の結婚式。
どうしても両親に晴れ姿を見てほしいけど…。
悩めるポイントは多いですよね。

みんなはどのように考えて両親を招待しているのか
そんな親が離婚した場合の結婚式の意見をまとめてみました。

スポンサーリンク

親として出席するのは実母・義母?

ダウンロード

今はふたりのための結婚式という考え方も広まってきていますが
本来、結婚式というのは
やはり家と家との繋がりを一番に大切にするイベントです。

そのため、今現在の親権を持つ両親に参列してもらうのが一般的だと言えます。

では、実の両親に参列してもらうということは難しいのでしょうか。

実母・実父に出席してもらう方法はある?


ダウンロード (1)
あくまでも考え方、意見はひとそれぞれですが

両方の家族が嫌な思いをしないのであれば
出席してもらうことは可能でしょう。

そのため話し合いは必須かと思います。
新郎・新婦それぞれだけの想いで突き進んではいけません。
あくまでも両家の結婚式
お互いの家族の未来を考えてより良いかたちを選択しましょう。

また、離婚した親同士が会うことはタブーであるという場合
実両親どちらにも出席してもらうために

通常の挙式・披露宴とは異なる形式をとったカップルもいます。

例えば、
・会食を2回行った
・前撮りや海外でのふたり挙式に実父(母)に参加してもらった
・披露宴には今の両親を、2次会には実父(母)に参加してもらった

このように、
「お互い会うことなく、どちらの親にも晴れ姿を見てもらう」
形式をとることがおススメです。

他にもある!親の再婚の悩み

いざ結婚式をあげるとなるとふたりのことだけではなく
のこと、家族のこと、色々と考えなければならないことが
出てくるものです。

その代表的な質問を見てみましょう。

バージンロードは誰と歩く?

Nixon_with_daughter_Tricia_marriage_1971


バージンロードは新婦の人生を表す道と言われています。

そのため、エスコートをとる人=今までの人生を共に歩んできた人です。

離婚して母方に親権がある場合、
本人さえ良ければと歩くのが
本来の意味合いとして一番しっくりきますよね。

ただもし母が前に出ることを嫌がられた場合は、
再婚しているようであれば義理の父に歩いてもらうことが多いです。

母が再婚していない場合は、例えば母の兄がいれば
頼んでみましょう。
新婦から見た叔父(伯父)にあたります。

また、この場合に実父にバージンロードを一緒に歩いてもらいたければ
話し合いが必要になると思われます。

重要なのは新婦の想いです。
ただそれと同じくらい家族それぞれの想いも重要になります。
じっくりと検討して選びましょう。

両親への手紙はどう書けばいい?

admin-ajax (18)どちらの両親が出席しているにせよ
両親へのお手紙は迷うところだと思います。

ただ唯一アドバイスできることとしては
両親への手紙の書き方に決まりはありません

もちろん今の両親に向けてのお手紙にするもよし、
一言実両親への想いを言葉にするもよしです。

また、実両親へは別のお手紙を書いて
ゲストの前では読まずにお渡しのみにする
という方法をとることも出来ますね。

結婚式は、今まで少し歯車があっていなかったものを
整えるのに最も最適な日です。
特別な日だからこそ
素直に伝えられる気持ちがあると思います。

実両親・義両親に日々の中では伝えられなかった想いを
ぜひ伝えましょう。

まとめ

一生に一度の結婚式。

「晴れ姿を見せたい」ふたりの想いと
「晴れ姿を見たい」両親の想い。

悩むポイントは多いと思いますが、
ぜひおふたりにとって
そしてご家族にとって
一番後悔のない選択をしてくださいね。

素敵な結婚式になりますように!

コメント・質問はこちらから♪

    タイトルとURLをコピーしました