1. TOP
  2. 3.式場探し
  3. 結婚式 費用
  4. 結婚式の予算の相場はどのくらい?平均を人数別で紹介

結婚式の予算の相場はどのくらい?平均を人数別で紹介

    憧れと夢にあふれる結婚式。
    けれど、いざ結婚式をするとなると
    費用の問題は避けては通れません。

    「結婚式の費用の相場はあってないようなもの」
    とも言われますが、それでは安心して
    結婚式を申し込むことさえできませんよね。

    実際に結婚式を申し込む人の多くは、
    申し込み時に費用の不安を抱えていると
    言われています。

    そこで、結婚式の費用について
    さまざまなデータを用いて調べてみました。


    結婚式の予算相場!人数別の平均金額を調査してみた

    一言に「結婚式」といっても
    その規模は人それぞれ。

    招待客の人数が変われば
    必要となる費用も変わります。

    まずは人数別に費用の相場を見ていきましょう。

    30人程度の少人数で約190万円

    近年増えている、
    家族と親族で食事会を行うケースは
    このパターンに該当します。

    パーティの性質上、
    派手な演出を必要としない場合が多く
    費用も抑えられている印象ですが、
    一人当たりの単価は高くなります。

    50人前後で約270万円

    家族と親族に加えて、
    親しい友人を呼ぶとなると
    50人前後になるケースが多いでしょう。

    この人数になると、
    ケーキカットやキャンドルサービス程度の
    演出を行う場合が多いため、
    相対的に高めの費用になってきます。

    80人前後で約400万円

    職場の上司や同僚も呼ぶ場合は
    80人前後になることが多く、
    費用もかなり高額になります。

    衣装の点数や行う演出によって
    かなり費用が変動する人数でもあります。

    100人規模なら500万円を超えてくる

    両親関係の招待客も入ると
    人数は100人を超えてきます。

    料理や引出物の数が増えるだけでなく
    演出などもふんだんに盛り込むケースが多く、
    見積もり金額に驚いてしまうことも。

    ですが、会費制で大人数を呼ぶ習慣がある地域は
    この限りではありません。


    結婚式全体の人数&予算相場の総平均はどれくらい?

    それでは、昨今の結婚式は
    どのくらいの人数と予算で
    行われることが多いのでしょうか。

    全国的な平均値を見ていきましょう。

    招待人数は60人~70人

    この人数で行われる結婚式は
    家族・親族・友人と
    ごく親しい職場の人である場合が多く、
    近年、もっともよく見られる規模です。

    大規模で大掛かりな結婚式よりも
    「ゲストをしっかりもてなしたい」
    「ゲストとの会話を楽しみたい」
    という傾向が強くなっています。

    予算は300万~350万円

    結婚式費用の総額として
    最終的に支払う金額は
    おおよそ300万~350万円という人が
    多くなっています。

    おおよそ一人当たり
    5万円かかっている
    ことが
    わかりますね。

    ちなみに、
    アンケートでは

    挙式・披露宴・披露パーティ総額
    354.8万円(全国推計値)
    http://bridal-souken.net/data/trend2017/XY_MT17_report_06shutoken.pdf

    となっています。


    結婚式の予算管理!計算のポイントは?

    日常の生活ではなかなか目にすることのない
    何百万円という金額。

    これが、
    結婚式という夢を買うための対価なのです。

    とはいっても、夢はプライスレス!
    というわけにはいかないのが現実ですよね。

    支払いの苦悩なく結婚式を挙げるためには
    以下に挙げるポイントごとに
    予算を管理することが大切です。

    ご祝儀

    ご祝儀は結婚式の予算を組むにあたって
    とても頼りになる項目です。

    アンケートによるとご祝儀額は

    ご祝儀総額 および 招待客別 1人あたりのご祝儀額
    ご祝儀総額 230.7万円

    招待客別 1人あたりのご祝儀額
    ・友人 3.0万円
    ・上司 4.0万円
    ・親族 6.6万円
    ・恩師 3.8万円
    出典:http://bridal-souken.net/data/trend2017/XY_MT17_report_06shutoken.pdf

    となっています。

    注目すべきは
    親族のご祝儀額がもっとも高いということ。

    同じ招待客の数であれば
    親族の割合が多い方が
    自己負担が軽くなります。

    反対に、同僚や友人が
    多くの比率を占めるようになると
    どうしても自己負担が増えてしまいます。

    だからといって
    招待客の構成を無理に変えるのは
    現実的ではありません。

    予測されるご祝儀額が少ない場合は、
    衣装や演出などにかかる費用を
    調整することで
    無理な出費を抑えることができます。


    親の援助

    続いて考えるのは親からの援助です。

    援助の金額に関するアンケートでは

    結婚費用に対する親・親族からの援助総額
    182.0万円(全国推計値)

    100~200万円未満 38%
    200~300万円未満 27%
    100万円未満 17%
    http://bridal-souken.net/data/trend2017/XY_MT17_report_06shutoken.pdf

    という結果が出ています。

    親の援助の方法として考えられるのは
    以下のパターンです。

    • 「結婚費用の足しに」と
      まとまったお金を二人に渡してくれる

    この場合は、親は結婚祝いとして
    お金を贈るケースが多いため、
    その使い道は二人に任されることになります。

    全額を結婚式費用に充当するか
    一部を充当するかによって
    予算の組み方も変わってくるでしょう。

    いずれにしても親は
    二人を信頼をしてお金を渡しています。

    結婚式費用の足しにする場合は
    その金額を慎重に考える必要があります。

    • 親宛ての請求書を発行してもらい、
      親が結婚式費用の全額を支払う

    この場合は、二人ではなく
    両家が結婚式を挙げることになります。

    自己負担を軽減したい二人には
    とてもありがたい話ですが、
    結婚式にかかわるすべての主導権は
    両家の親に渡ることになります。

    その代わり、結婚式費用に関する心配は
    かなり軽減されるでしょう。

    • 費用の項目の一部
      (例:衣装のみ・飲食代のみ)を
      親が支払う

    昨今は結納金を納めずに
    結婚に至るケースも多くなっています。

    それに伴い、
    「結納金の代わりに」という名目で
    費用の一部の支払いに
    親が名乗りを挙げることもあります。

    この場合は、両家を交えての
    費用に関する事前の話し合いが
    必要不可欠となってくるでしょう。


    自己負担

    それでは最終的な自己負担の金額を
    算出していきましょう。

    自己負担額の計算は、

    総費用-ご祝儀-親の援助=自己負担額

    の計算式で算出することができます。

    さきほどまでに提示した平均値で計算すると

    354.8万円-230.7万円-182.0万円
    =-57.9万円

    となります。

    あれ!?これなら自己負担なしでいける!?
    むしろ黒字!? と思うかもしれませんが、
    結婚式を行うということは
    結婚式以外にもさまざまな費用がかかります。

    この数字はあくまでも、
    結婚式と披露宴にかかる金額の平均です。

    事実、結納から新婚旅行まで
    結婚にかかわる費用の総額については

    結納・婚約~新婚旅行にまつわる金額平均

    というデータもあります。

    この数字を用いて先ほどの計算を行うと、
    自己負担額は50.6万円となります。

    結婚式は二人にとって商売ではありませんが、
    いわゆる赤字の部分を自己負担すると考えて
    間違いはありません。

    とはいっても、
    この計算式で出てくる金額は
    あくまで憶測の範囲を出ません。

    計算上の自己負担額の
    2割増程度の金額を想定しておけば
    結婚式を終えてから真っ青!
    という事態を防ぐことができます。


    まとめ

    結婚式は
    人生で一番高い買い物だと言われています。

    家や保険は自分の資産になりますが
    結婚式はまさに使い切りのお金です。

    「それなら結婚式なんてしない方がいい」と
    考える人が多くいた時代もありました。

    ですが、近年では
    結婚式を行うことによって得られる
    人とのつながりや感謝する心に
    相応の価値を見出す人が増えています。

    残らないお金だからこそ
    しっかりと予算管理をして
    いい思い出がたくさん残る
    結婚式を挙げましょう。



    式場探しに疲れた人必見!

    憧れの結婚式をするために、式場探しに意気込んだまではよかったけど、

    ・仕事が忙しく式場を探す『余裕』がない
    ・気に入った式場が見つからない
    ・見積もりが高く貯金が足らない

    などの悩みはありませんか?
    そんなあなたには完全無料の割引サービス
    Hanayume(ハナユメ)がオススメ
    です。

    ハナユメが人気の理由は、

    ・式場別の見積額がチェックできる
    ⇒『値引き交渉が必要ない』
    ・定額ウエディングはどの式場でも同じ金額
    ⇒さらに料金後払いOK
    ・相談デスクの接客が神
    ⇒デスク利用客の満足度97%!

    などなど。他にも、
    『ハナユメ割で結婚式の費用50%オフ』や『平日や仏滅で大きな割引サービス』があるので、
    予算(貯金)が少なくても希望の式場を選べます♪

    ※今なら当サイト限定で商品券50,000円が
    貰えるキャンペーン実施中♪

    【当サイト限定企画!】
    商品券50,000円キャンペーン♪
    《豪華特典アリ♪期間限定》
    ↑↑商品券50,000円プレゼント↑↑


    ハナユメに理想の式場がない...そんな時は
    ハナユメのキャンペーンは魅力的だけど、

    『自分が挙げたい式場がない!』
    『近くに相談カウンターがない!』

    という場合は、日本最大の
    提携式場数を誇るゼクシィがオススメ!

    ハナユメの提携式場が約600に対し、
    ゼクシィは約2500もあるので、
    自分の理想の式場が見つかること間違いなし!

    今ならゼクシィでも4万円分の商品券が
    貰えるキャンペーンがあるので、
    希望の式場がハナユメで見つからなければ
    ゼクシィをチェックしてみて下さいね♪

    ⇒ゼクシィネットで式場を探す♪


    【関連する人気記事】
    結婚式を控えている人におすすめ!

    婚約が決まり結婚式準備をやろうと意気込んだけど

    ・お金の相談を友達にもできず悩んでいる
    ・知識ゼロなので誰か分かりやすく教えてほしい
    ・忙しくて準備がぜんぜん進まない
    ・見積もりが高く貯金が足りない

    などの悩みがありませんか?

    そんなあなたには
    200組以上を担当した元プランナーの
    無料メルマガがおすすめ
    です。

    このメルマガを読むことで、

    ・結婚式の費用を安くする交渉術
    ・後悔しない式場の選び方
    ・式場探しで特典をもらう方法
    ・結婚準備で失敗・後悔しないテクニック
    ・後悔しない結婚指輪の選び方

    など元プランナーならではの情報を
    手に入れることができるので
    登録しておいてくださいね♪


    *メールアドレス
    *お名前(姓・名)






    ▼無料メルマガ登録はこちら

    \ あなたの声がサイトをもっと便利に!/
    ↑↑アンケートにお答え下さいね♪↑↑

    \ SNSでシェアしよう! /

    ANOTHER WEDDING~プロポーズから結婚式までの悩みを解決するサイト~の注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    ANOTHER WEDDING~プロポーズから結婚式までの悩みを解決するサイト~の人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア

    ライター紹介 ライター一覧

    安里 トーコ

    18歳でホテル業に従事。結婚式好きが高じて後にウエディングプランナーに転向。24歳で勤務していたゲストハウスを退社。一念発起しフリーランスのウエディングプランナー 兼 披露宴MCへ。現場のたたき上げで有り余る体力を武器に多くの披露宴をプロデュースしましたが、結婚を機に活動の場を現場から家庭へシフトしました。
    現在は細々と、二人にとって「もう二度とできない! 最高の結婚式」を作る仕事をしています。
    過去のウエディングプロデュースの経験を生かし、結婚を控えモヤモヤとした悩みを抱えるプレ花嫁へ、何か一つでもいいから「そうか! こうすればいいんだ!」と思ってもらえるような記事を書きたいと思っています。
    好きなことは旅行。猫6匹と郊外暮らしを楽しんでいます。

      この記事も一緒に読まれています

      • 結婚式の節約ポイント20選!失敗しない方法とは?

      • 結婚式の費用!折半なら招待人数や衣装代はどうすればいい?

      • 結婚式の前撮りは必要?口コミ&後悔しない決め方とは?【完全版】

      • 結婚式を200万円以下で!呼べる人数や安くする節約術5選

      • 結婚式の写真データは貰える!?アルバム制作は必要ない?

      • 結婚式の費用の平均相場!50人の場合は?