スポンサーリンク

結婚式の写真データは貰える!?アルバム制作は必要ない?

結婚式の打ち合わせで、
フォトアルバムの高額な価格に
びっくりしてしまうこともあるでしょう。

ですが実は、それほど高いお金をかけなくても
結婚式の思い出を残すことは可能です

結婚式のアルバム制作について、
さまざまな方法をご紹介します。

スポンサーリンク

結婚式の写真のデータをもらえるならアルバムは依頼する必要ない?

まず確認したいのが
写真データをもらえるかどうかということ。

昨今は多くのカメラマンが
デジタルカメラを使用しているため、
撮影された写真はデータでの保管となります。

問題はそのデータを
どのような形でもらえるか
です。

  • 結婚式の写真には大きく分けて
    記念写真や集合写真などの礼式の写真
  • ロケーション撮影や
    当日の結婚式や披露宴の様子を収めた
    スナップ写真

の2種類があります。

スナップ写真のデータはもらえるけれど、
礼式写真のデータはもらえない
というケースも多い
ので、
事前に確認しましょう。

では、データをもらえるとなった場合は、
アルバムは依頼しなくてもいいのでしょうか。

答えは
サンプルとして提示されたアルバムと
同じものを残さなくてもいいのなら
頼まなくても問題ない
です。

アルバムの背表紙に
その会場のロゴが入っているなど、
そこに依頼しなければ
実現できないこだわりがあるのなら、
アルバムを依頼した方がいいでしょう。

そうでない場合は、
アルバムを依頼しないことも
一つの選択肢になります。

では万が一、
データがもらえない場合は
どうすればいいのでしょうか。

結婚式の写真のデータがもらえない場合はどうする?

もしもデータがもらえないと言われた場合、
写真を残す方法は二つです。

一つはアルバムを依頼すること。
もう一つは
自分自身で
データを渡してくれるカメラマンを
手配する
ことです。

そして、
写真だけではなく
データを手元に残したい
となれば
後者の方法を取ることになります。

ですが、ホテルや結婚式場の中には
カメラマンの持ち込みを許可しなかったり、
持ち込み料を請求するところもあります。

持ち込みを検討する際は
条件を事前に確認しましょう。

結婚式の写真のデータのみを購入することはできる?値段の相場は?

では、
アルバムは必要ないから
写真のデータのみを購入する
ということはできるのでしょうか。

基本的に写真撮影は
アルバムを売る仕事ではなく、
その撮影技術を売る仕事です。

ですので、多くの場合は
データのみを購入したいと希望すれば
応じてくれるでしょう。

ただ金額は、
カメラマンやスタジオによって
大きな違いがあります。

例えば
アルバムを作成すれば30万円だけれど、
データのみなら5万円
というところもありますし、
撮影技術を売るという観点から
1時間当たりの計算で
金額を算出する場合もあります。

あえて相場を算出するとすれば、
10万円~15万円程になるケースが
多いようです。

次はアルバムの相場について
見ていきます。

結婚式のアルバム作成は高い!?アルバムの相場はどのくらい?

会場が進めてくるアルバムの価格はさまざまで、
「一概に〇円準備すれば大丈夫」
とは言えませんが、
多くの場合は
10万円~50万円の間に収まります。

かなり価格の幅がありますが、
これは収める写真の枚数や用紙のグレード、
機械によるプリントか
手作業で仕上げるのかなど、
アルバムそのものに違いがあるためです。

見本のアルバムを見て、
同じアルバムを作成したらいくらかかるのか
見積もりを取ってみるとわかりやすいでしょう。

次の章では
アルバム作成にかかる費用を
節約する方法について紹介します。

 

結婚式のアルバムが欲しいけど高すぎる!節約する方法はある?

アルバムは欲しいけれど
予算オーバーという人も、
諦める必要はありません。

アルバムを依頼するよりも
データのみの購入の方が
かなり安く抑えられるのであれば
購入したデータから
自分でアルバム作成を依頼することもできます。

ネットプリントサービスや、
街の写真屋さんで作成してくれる
フォトブックのサービスを利用すれば、
会場にアルバム作成を依頼するよりも
安く仕上げられますよ。

ですが写真データの活用法は
これだけではないのです。

 結婚式の写真データで自作!アルバムアイデアをご紹介!

写真データがあれば、
アルバムもさまざまな形で
残すことができます。

  • 一枚一枚現像してスクラップブックに貼り、
    マスキングテープや専用のペンで
    デコレーションする
  • 取り込んだデータを画像編集ソフトで加工し、
    手書き風の絵本のように仕上げる。
  • デジタルアルバムを作成して
    友達や家族と共有する。

などの方法があります。

また、「その日」を
より印象深く残したいのなら、

  • 写真と一緒にコメントも
    入れられるフォーマットを選び、
    写真に収められているシーンで使用した
    BGMの歌詞を入れる。
  • 10年後20年後の自分や
    パートナーに宛てた手紙を入れて
    タイムカプセルとしてのアルバムを作る。

など、思い出がつまったアルバムを
作成することもできます。

アイデア次第で活用度がぐんと広がるのは、
自作ならではのメリットですね。

 

まとめ

立派なアルバムも素敵ではありますが、
オリジナリティを大切にする人にとっては、
データから自分自身で作成する方が
楽しいかもしれませんね。

結婚式の瞬間を
一つ一つ思い返しながら
作業をすすめていくことも、
素敵な時間になることでしょう。

結婚式場が多すぎて選べない...という方は必見!

式場探しの最初の一歩は、
結婚式相談所を選ぶことからはじまります。
でもサービスが多すぎて違いがわからない・・・

・どんな結婚式に特化してるの?
・店舗数や掲載式場はどこ?
・高額特典や大幅割引があるのは?

など、ブライダルカウンター選びの
気になるポイントを徹底的に調査した
総合ランキングを発表します♬

一番人気のおすすめカウンターは・・・?

g.前撮り
この記事のライターさん

18歳より、ホテル・レストラン業務に従事。国家資格であるレストランサービス技能士を取得。23歳でブライダルへ転向。3年半ゲストハウスでウエディングプランナーとしての経験を積み、25歳で独立。フリーランスとしてウエディングMCを始める。

並行して、結婚式の会場責任者・エスコーター・介添えの業務も行い、人材育成に注力。現在はウエディングプランナーとMCを兼任するスタイルで、常識という「ガラスの天井」を破ったウエディングの創造を目指し、活動している。

既存のしがらみを取り払った、いちからのプランニングにこだわり、かつゲスト満足度の高さを第一優先とする結婚式を得意とする。また、料飲サービス出身であることから、サービスを始めとする会場コントロールを理解していることを強みとして、よりスムーズな婚礼運営に努めている。

安里 トーコをフォローする
新着記事を受け取ろう♪

結婚式の専門サイト『ANOTHER WEDDING』
    タイトルとURLをコピーしました