1. TOP
  2. 3.式場探し
  3. 結婚式 費用
  4. 結婚式の費用!折半なら招待人数や衣装代はどうすればいい?

結婚式の費用!折半なら招待人数や衣装代はどうすればいい?

    まずはご婚約おめでとうございます♪

    結婚式の費用分担でお悩みという事は
    両家の顔合わせの前後でしょうか。

    プロポーズのウキウキ気分から一転、
    結婚費用の分担の話になると
    一気に現実感が増しますよね(^^;)

    最近では半数のカップル
    費用を折半すると言われています。

    我が家も共働きでしたから、
    費用負担は当初から折半が前提でした。

    とは言え、単純に二分すればいいのか
    それも疑問ですよね。

    そこで今回は、
    結婚費用を折半する場合の分担について

    • 招待人数・衣装…折半の場合どうする?
    • ゲストの宿泊代やお車代は!?
    • 折半or分担?上手な決め方

    といった内容で詳しく調べてみました!

    上手に話し合いを進めるポイントなども
    織り交ぜてまとめていますから、
    結婚費用の折半について
    お悩みのカップル必見ですよ♪


     

    結婚式費用の折半!内容の内訳はどうするべき?


    結婚式の費用をどう分担するかは
    とってもデリケートな問題。

    なぜなら、地域や習慣
    さらには家庭ごとに
    金銭感覚に違いがあるからです。

    後でトラブルにならないよう
    しっかり話し合っておきたいですよね。

    それでは、結婚式の費用を内訳ごとに
    どう負担していくかをみていきましょう。

    招待人数は完全に同数にするべき?

    結婚費用を全て折半する場合、
    新郎新婦の招待人数に大きな差があると、
    不公平感が出てしまいがちです。

    そんな時、
    多くのカップルが取り入れているのが
    人数割で費用負担する方法です。

    人数割する内訳は以下の項目です。

    • 料理・飲物
    • 引出物・引菓子
    • 招待状・席札
    • 装花

    装花については、卓上花は人数割にし
    新郎新婦が座るメイン卓は折半
    にする場合もあるようです。

    もし、招待人数に大きな差があり
    合わせる事が難しいようであれば
    人数割を検討してみてはいかがでしょうか。

    Sponsored Links

     

    男女の差が大きい衣装代も折半でいいの?

    結婚費用の内訳で
    男女差が大きいと言われる衣装代。

    男性の衣装が16~17万円
    なのに対して、
    女性の衣装は45~50万円
    といいますから
    倍以上違うことに。

    ブライダルエステやネイルも入れたら
    なおさらでしょう。

    このように、どちらかに多くかかる費用は
    それぞれで負担するケースが多いようです。

    ちなみに、私はドレス選びに
    妥協したくなかったので
    自分で負担しました!

    おかげで、夫に気兼ねすることなく
    高くても気に入ったドレスが選べ
    エステもフルコースにしちゃいましたよ♪

    親族ゲストの宿泊代やお車代も含めて折半にするの?

    遠方からのゲストにかかる
    宿泊代やお車代はそれぞれが負担
    する事が多いようです。

    とは言え、どちらかの地元で結婚式を挙げる
    となれば負担は偏ってしまいます。

    そんな時は、2人でよく話し合って
    分担を決めるのがいいかも知れません。

    例えば、新婦側の宿泊代やお車代の
    負担が多くなった場合、
    衣装代など他の項目でバランスを取る
    といったケースもあるようですよ。

    Sponsored Links

     

    「費用のかかる招待客分は分担・残りは折半」という方法も

    結婚式の費用の内訳で、
    大きなウェイトを占めるのが
    ゲストに関する費用です。

    最近では、料理や引出物など
    ゲストに掛かる費用は人数比で割り、
    挙式費用や写真代など
    2人に共通する費用は折半する
    という方法が一般的です。

    さらに、ドレスなどの衣裳代や、
    遠方の親戚の宿泊費・交通費などは
    それぞれが負担するケースが主流です。

    3種類の方法で費用分担を行うのは
    面倒な気もしますが、
    後々もめないためには
    一番良いと言えるかも知れません。

    なお、結婚前から2人で貯蓄をして、
    そこから支払うカップルもいますよ。

    折半or分担?結婚式費用の負担割合の上手な決め方とは


    まず、費用の分担や出すタイミングを
    両家で事前に話し合っておくことです。

    新郎新婦は折半でと考えていても、
    地方や家柄によっては
    新郎側が多く負担すべき

    という考えのところもあります。

    2人の経済力に差がある
    場合もあるでしょう。

    もし、結婚式の費用負担が少なくて
    心苦しいようであれば、
    新生活にかかる費用
    新婦が負担するという方法もあります。

    いずれにしても、
    出来るだけ早いタイミング
    きちんと話し合うことが
    もっとも上手な決め方と言えるでしょう。

    まとめ


    いかがでしたか。

    結婚式の費用については

    • ゲストに掛かる費用は人数割して、
      2人に共通してかかる費用は折半が多い。
    • 遠方のゲストの交通費は、新郎新婦それぞれが負担。
    • 事前に両家で話し合っておくのがおすすめ。

    といったことが分かりました。

    多くの場合、結婚後は
    財布がひとつになる訳ですから、
    新生活を見据えた話し合い
    ができるといいですね。

    大変かも知れませんが、
    その分、ふたりの絆も
    深まると思いますよ♪



    式場探しに疲れた人必見!

    憧れの結婚式をするために、式場探しに意気込んだまではよかったけど、

    ・仕事が忙しく式場を探す『余裕』がない
    ・気に入った式場が見つからない
    ・見積もりが高く貯金が足らない

    などの悩みはありませんか?
    そんなあなたには完全無料の割引サービス
    Hanayume(ハナユメ)がオススメ
    です。

    ハナユメが人気の理由は、

    ・式場別の見積額がチェックできる
    ⇒『値引き交渉が必要ない』
    ・定額ウエディングはどの式場でも同じ金額
    ⇒さらに料金後払いOK
    ・相談デスクの接客が神
    ⇒デスク利用客の満足度97%!

    などなど。他にも、
    『ハナユメ割で結婚式の費用50%オフ』や『平日や仏滅で大きな割引サービス』があるので、
    予算(貯金)が少なくても希望の式場を選べます♪

    ※今なら当サイト限定で商品券50,000円が
    貰えるキャンペーン実施中♪


    【当サイト限定企画!】
    商品券50,000円キャンペーン♪
    《豪華特典アリ♪期間限定》
    ↑↑商品券50,000円プレゼント↑↑

    【関連する人気記事】

    Sponsored Links

    \ SNSでシェアしよう! /

    ANOTHER WEDDING~プロポーズから結婚式までの悩みを解決するサイト~の注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    ANOTHER WEDDING~プロポーズから結婚式までの悩みを解決するサイト~の人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア

    \ あなたの声がサイトをもっと便利に!/
    ↑↑アンケートにお答え下さいね♪↑↑

    ANOTHER JOURNAL
    (メールマガジン・各日配信)


    ANOTHER WEDDINGの読者さまからの
    声を反映した『ANOTHER JOURNAL』の
    無料サービスが始まりました!

    以前から募集させてもらっているアンケートの声として
    『結婚式までの流れ』や『結婚式の準備』に関連する
    疑問や悩みをたくさん頂いていました。

    そこでANOTHER WEDDINGのスタッフが
    制作した記事を、結婚式までの流れに沿って
    紹介するサービスをスタート!

    お役立ち情報満載のお知らせをご希望の方は
    下記のフォームに氏名とメールアドレスを
    入力して下さいね♪

    *メールアドレス
    *お名前(姓・名)

    ※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※

    ライター紹介 ライター一覧

    坂本 卯月

    2人の子供を持つアラフォー主婦でライター兼デザイナー。

    出産前はリクルートに勤務。5年間、ブライダルをはじめ様々な業界で働く人達を取材してきました。
    ANOTHER WEDDINGでは、その経験を生かし、お役に立つ情報をお届けできたらと思っています。

      今月のオススメ記事9選

      • レストランウェディングの費用相場はいくら?内容の内訳も解説

      • 結婚式の費用!赤字を黒字にする7つのポイント【完全版】

      • 結婚式の費用は分割や後払いできる?支払い方法まとめ【完全版】

      • 授かり婚にかかる費用と段取りを徹底解説!引越しから産休まで

      • 結婚式の前撮りは必要?口コミ&後悔しない決め方とは?【完全版】

      • 結婚式の費用の平均相場!50人の場合は?